soulfeeler316さんのアインシュタインより愛を込めてに関する情報

soulfeeler316

幻想世界に伝承怪奇、叛逆精神や自由奔放のこよなき愛好者
か弱き存在に対する愛を忘れず、優しさと純粋さを何より尊ぶ社会不適合者
脳内整理と発想、考察、意見を伝達する困難に苛まれながら、批評を書き続ける新参者
それがワタクシ、soulfeeler316でござい。
以後見苦しき面体、お見知りおかれまして、恐惶万端ひきたって、宜しくお頼み申します。

好きなシナリオライター:荒川工、海原望、虚淵玄、桜井光、瀬戸口廉也、田中ロミオ(山田一)、七星電灯、星空めてお、希【追加あり】
好きなブランド:Innocent Grey、Liar-soft(rail-soft)、Little witch、NitroPlus、OVER DRIVE【追加あり】

少しばかり批評を行って気付いたのですが、あまり細かい点数を付けてしまうと、評価が変動してしまう可能性が高くなる事に気付きました。
生粋の自信の無さが点数にまで反映されて、頻りに移り変わると言うのは、参考にして下さるお兄ぃさん、お姐ぇさんに対して大変失礼
したがって私の批評は基本、5点毎に点数を表示している次第
結果、○○と同じ位には面白かったと、基準が明確になって分かりやすく、そこまで一個人の評価が変わる事もないでしょう。
ただし一部、悪くないと思いながらもシナリオ量の短さ等によって、泣く泣く低くつけた作品(主に非18禁)があります故、結局は一言感想読むのを推奨

また、本批評はリメイク版やコンシューマ版、追加要素を含めた完全版について語る際、元々の原初たる作品にも点数をつけています。
元の作品と追加要素を入れた作品、両方の内容は基本同じ(文章構想能力の乏しい自分の不才による結果)
点数もあまり変わる事はありません(いくら後から付け加えても、ベースは変わっていない作品の方が多い)
しかし、例外とは少なからず存在するからこそ、例外となるもの
レビュー内容の変更及び追加、そして点数の増減が発生する事(作品自体が加筆修正や演出変更で評価が変わる場合、前に書いた批評を再構成して簡潔にしたい場合 etc……)も充分ありえるかと思いますので、その点はどうか御理解の程、宜しくお願い致します。

一言感想であれ、長文感想であれ、内容を噛み締められたら、必ず本気のコメントを述べましょう。
遅筆な身の上、どうか末永く御見守り下さい……
-----------------------------------------
何でも一生懸命読まなきゃ駄目だ。
詩でも小説でも作者は命懸けで書いているんだ。
だから読む方だって命懸けで読まなきゃ失礼なんだ。
そうでなければ字面ばかり追うだけで本当の宝物は作者は見せてくれないんだよ。

成田三樹夫『鯨の目』
-----------------------------------------

amazon
ジャンル恋愛アドベンチャー
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値77
データ数265
原画きみしま青 , こもわた遙華(SD原画)
シナリオ新島夕

入力データ

発売前得点
80
購入予定
必ず購入
得点
75
おかず
それなりに使えた
プレイ時間
48
面白くなってきた時間
1
プレイ日時
2020年11月02日

soulfeeler316さんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1002
90~997
80~899
70~7911←ココ
60~697
50~596
40~491
30~395
20~292
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるsoulfeeler316さんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1001
90~9919
80~8985
70~79107←ココ
60~6932
50~597
40~496
30~391
20~295
10~191
0~94

soulfeeler316さんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり1
だいぶ2
それなりに9←ココ
あまり…8
まったく…14
そもそも3

このゲームのおかず得点分布におけるsoulfeeler316さんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり1
だいぶ1
それなりに18←ココ
あまり…40
まったく…40
そもそも4

発売前コメント

0_必ず購入
80アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY) (2020-10-30)
『はつゆきさくら』からエロゲ世界へ足を踏み入れた俺も、今ではあまりSAGA PLANETS作品をプレイしなくなって幾年月。しかしあの人の噂は、御社を退社して彼の作品に全く食指が動かなかった時期でも、常々小耳に挟んでおりました。新島夕。イコール「捻くれ者」の代名詞を我が物とするシナリオライター。ブランドの最初で最後を彩る男の総称でもあり、二度ある事は三度あるか、三度目の正直となるかならぬか、次期ブランドの隆盛回帰には密かに興味湧いちゃっていた次第。そしたら来た告知こそ『アインシュタインより愛を込めて』で。主にサガプラ時代しか知らない身としては、彼のシナリオは中々に好ましく思っているんですけど、退社以降の2作品は体験版だけをプレイして、主人公にムカついたり(『魔女こいにっき』)物語に興味持てなかったり(『恋×シンアイ彼女』)で、買ってなかったのもまた事実。ただですね、正直本作はそこに湧いていた「らしくねえ」空気感をあまり感じないってのが純粋な私見であり、受容出来なかった作品群とはどこか違う印象を受けたんです。それはこれから体験版をプレイして確かめますが、今の彼を知る事なく過ごした無知は罪ユーザーの戯言として、ヒロインそれぞれに実りのある恋愛劇を描いて欲しく願う所。「人が恋に落ちるのは、万有引力のせいではない」と語ったアルベルト・アインシュタイン。それは恋自体が「理屈で語る事の出来る必然的な法則」に従って起こるものではない事、重力より強大な「何か」が発生して席巻するものだと発言したのに他ありません。恋の万有引力と称されるよりも凄まじく強い何か。OPでそんな彼の言葉を使ったからには、是非ともアインシュタインが唱えたように、それぞれ1人1人のヒロイン達を大事にした物語を編んで欲しいなと思った願望です(特に約5年ぶりで新作へ登場する、俺も大好きなあの方のキャラについてはマジで後生ですよ、頼みますよ) その理論さえ守られているのなら、例え彼等がどんな結末になったとしても、俺は一向に構いません。想い出があれば、人は生きていけるんですから。「一緒じゃなくても、一人だったとしても、また明日の中に、君がいますように」

体験版コメント

必ず購入
80アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY) (2020-10-30)
原点回帰。『アインシュタインより愛を込めて』をプレイし終えて、俺が思い浮かんだ四字熟語。スタッフ面子で『恋×シンアイ彼女』の再来と憂いている方が多い感想ですが、寧ろ本作は先の方も仰っていたように、サガプラ時代の気風を意識して強く取り入れている印象を受けます。「ある目的の為に部活再建」「他人の気持ちが分からずに生き急ぐヤサグレ主人公」「隣の部屋に住むふーりん」「一人じゃなくても独りだと感じる孤独」「切なくも虚しく過ぎる雰囲気」と、要素だけでも選り取り見取り。そして「人間の弱さ」を突きつけてくる作風ってヤツが本当に久しくて。同窓会の如き雰囲気を、本作で俺は味わった次第。思うに、新島夕氏が企画&単独ライターだった唯一の作品『はつゆきさくら』が好きだったら、同じ状況であるこれも意外に抵抗なく受け容れられるんじゃないかと。安易な自論。無論全てが同じじゃないし、主人公の人間性も少々違う。河野初雪をより理屈っぽく陰湿で根暗とさせたのが、彼より魅力は薄い愛内周太ですしね。ただ、イチイチくだらねえ事で論争かましてるのに嫌悪感を抱く日々、どれだけ他人と接しても淋しさを抑えられない孤独、たった1つの大切なものを追い求める為だけに生きたいとする生き様等、理解出来てしまった部分も結構あって。更に部員集めへ奔走しても受け容れて貰えない姿勢や、周太が忍さんにした失敗ってのも、恥ずかしながら同じような経験があるので、あまり他人とは感じられなかった次第。「心がないように見える」と言われた事がある俺だから、同じく理解出来たのかもしれません。「感情移入」の点においては、個人的に苦も無く過ぎ去った主人公でした。さて、嫌な事を思い出したので、ヒロインの話。現時点では「忍さん、超好き!!」って感想しか無し。それと「西野は良いヤツ」って所見もあった。後の2人は判断材料に欠けており、特に唯々菜は可愛さよりも「不気味さ」の方を強く感じた始末。「一目惚れって観点で言えば、忍さんの方がそうじゃね?(相手へお誘い的な意味で)」と思ってしまった辺り、彼の精神性は度々理解出来ない所もあるんですが、だからこそ本作を読んで思ったんです。「他人の気持ちがわからない」って、一体何なんだろうなって。昔、ある漫画のヒロインは言いました。「ときどきりくつにあわないことするのが人間なのよ」と。昔、あるエロゲ主人公は元カノに言われました。「他人もみんな裏があると思ってる」「本当は自分のことばっかり考えてる」「理屈としては正しいことを言ってるのかもしれないけど、言われたくないことをたくさん言う」「大事なことでも、言うときによってコロコロ変わる」と。これまで理屈に合う事しかしてこなかった愛内周太。エゴイズムに溢れ、論理だけを重視し、適当に生きて、他人を「信じる事をやめた」愛内周太。この体験版で彼が行ってきた振舞いを「他人の気持ちが分からない証明」とするなら、それは結局「人の心がない証拠」とも言えないでしょうか。「他人の気持ちが分からない」とは「人の心がない」証明。これは、そんな彼が死を意識した事によって、生きる意味を求め、信じる事を選び、その最中に恋をして、多くの経験をして、本当の知識を得る物語なんじゃないかと。アインシュタインが唱えた言葉「情報は知識ではない。知識の唯一の源は経験である」になぞらえて、彼が理屈だけに囚われない『人間』として幕を閉じる物語なんじゃないかと。そんな偶感をプレイ中に覚えた作品『アインシュタインより愛を込めて』 そしてこれは、アインシュタインからの精一杯の愛を受け取ろうと決めた、無知じゃなくなったユーザーの戯言。この、くそったれな世界で、忍さんを好きになった人間による「心ばかりの感想」なのでした。

コメント

75アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
ハローサマー、グッドバイ → 長文感想(33000)(ネタバレ注意)(1)
総プレイ時間 : 48h / 面白くなってきた時間 : 1h

POVコメント

A アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
愛内周太と言う『人間』を好きになる事が、本作を好きになれる第一歩と言えます。その観点で申すなら、要所要所の挙動が自分を見ているかのようで他人事に感じず、センチメンタルへ陥りやすい孤独者の頑張り物語に、自然と感情移入出来ていた次第。俺個人が至った結論としては、捻くれ者の同類として、コイツを好ましく思います。
B アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
まず前提として、作中で全く明かされない「世界の謎」もあります。ただ、愛内周太から見えた「世界」はしっかりと描かれており、そこについては彼がどうして最後の選択を受け容れたのかも含めて、余す所無く見せていたと感じました。そして、逆にそれは無駄を描いてない本作の内容も示しており、納得出来るかどうかは果てしなくユーザー次第でしょう。よって、本作は彼の想いを通して、じっくり読み進める事を推奨します(例えば、ロミに友達が出来た時、何故主人公は機嫌が良くなったのか?等を深く突き詰めたりとかね)
A アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
全員魅力的なんですけど、やっぱり1番は忍さん。愛内周太にとっての最後の砦と成り得た存在。彼女の至った眩き強さが、クリア後の現在も激しく色濃く残っています。余談ですが、同郷の身なのもちょっと嬉しかったです。
B アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
SFにはサイエンス重視の作品とフィクション重視の作品がありますが、こちらは紛れもなく後者。格式ばった理論はあまり出ず、様々な要素を盛り込んで展開を連鎖的に促す様は、最早ファンタジーの領域に達している程。表現描写を濁し、設定を曖昧にしている箇所も見受けられるので、ハードSF好きにはオススメしない。あくまで私見を語るとすれば、ロバート・フランクリン・ヤングが好きな人は嵌ると思う。
A アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
情報補完の為のFDが早急に出るのを願う所。そして個人的には、忍ルート以降の展開が凄く見たい。描くのは野暮だとも思うんだけどね。
C アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
現状、グランドルート最終盤の展開は「ご都合主義」と捉えられても致し方ないかも。
C アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
愛内周太が辿る道は、絶対に変わる事無く「1つだけ」です。
C アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
正直、本作に期待はずれのレッテルを張る人の気持ちは分かります。個人的にモヤモヤした箇所もありました。ただ、僕は嫌いじゃないです。テーマ、メッセージはきちんとあった作品だと思いました。
C アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
個人的にはグランドルート最終盤の「転」開。エピローグ後の「結」は寧ろ好きな方なんですがね。
B アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
唯一、忍ルートで感極まりました。クリア後のプレイが更に心へ響くシナリオだと、個人的には思っています。
A アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
佐本二厘さん。時が過ぎても変わらない文句無しの声と演技を見せてくれたので、僕としては大満足です。特に某シーンの「ありがとう……」が、聞けば聞く程思えば思う程、心に沁みていきました。
B アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
桜木ひなさん。棒読みっぽい箇所が随所に見受けられます。地声は決して悪くないので、坂下の声が合ってないとまでは言いません。ただ、叫ぶ演技はこれから頑張って欲しいなと思いました。
C アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
不満はある。ただし、見所が無い訳じゃない。伝えたかったメッセージを自分なりに咀嚼してこそ、真の帰結と言える作品でしょう。1つの描写を「1と捉えて只管読み込むタイプ」「他ルートと連繋して10にも100にも昇華するタイプ」 それぞれプレイスタイルってヤツがあると思うんですけど、本作を嫌いになれないのは間違いなく後者だと思います。
B アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
美麗なCGの数々ですが、一部明らかに構図がおかしいと見受けられたモノがありましたので、Bクラス
B アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
純粋に興味をそそられるセンスが良いタイトル。そして、本作に登場する2人のアインシュタインを意識して形成された題名が、とても素晴らしいと思いました。(ただ、『αより愛を込めて』だったらもっと良かった気がするのはここだけの話)
A アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
全てのルートに意味があり、全てのヒロインに価値がある作品です。それぞれのシナリオで伝えている証明が、グランドルートの論拠となっている構成。個々の個別ルートを十二分に味わってこそ輝くメッセージ有り。その点において蔑ろの攻略対象がいなかったのは、個人的に結構好印象でした(一部ヒロインはグランドルート攻略後、更に価値が増します)
C アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
ヒロインを意識した主人公の姿は、河野初雪を思わせる格好良さ。新島作品の捻くれ主人公にある「こういう姿」が本当に好きです。
A アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
「物語全体におけるシナリオの重要度」を鑑みた上で、ノーマル→西野佳純→坂下唯々菜→新田忍→有村ロミ((ルートロック)の攻略を推奨します。
B アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
成長が「自分の力で立って選択して前へ進む事」だと仮定するなら、変わらなかった彼が何かを選び貫き通しただけでも、立派な成長になると思います。
B アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
全ヒロイン見事に奉仕してくれます。GLOVETYはパイズリ好きなのが非常によく分かりました。このエロシーンスタンス自体は、今後も是非とも受け継いでいって欲しく思います。そして、忍さんのパイズリフェラは至高!
C アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
一緒にいて飽きねえ女、片桐猛。僕も御多分に洩れず好きですが、彼女の場面は限定的な為、全体としての存在感はあまり強くないかと。
B アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
意外とありました。僕も小野寺が好きだったので、片桐には共感します。
A アインシュタインより愛を込めて (GLOVETY)
流石の水月陵氏である。全体的に完成度が高く、特に「blue memory」の素晴らしさは、驚嘆を覚える程。どうしてこの曲のライナーノーツが無いんだよ……

検索