ritz_fawcettさんのカタハネ ―An' call Belle―に関する情報

ritz_fawcett

kanonとEver17に感動したことがビジュアルノベルに傾倒する切っ掛けになりました。
死生観や科学を扱う作品を好みます。ファンタジーやメカ、バトル物はあまり得意ではありません。心理描写を最も重視しています。
批評空間に登録したのが2017年なので、感想を書いているのは主に2017年以降にプレイした物になります。過去のプレイ作は点数のみつけています。基準は”その時の自分が面白かったかどうか”なので、必ずしも相対評価ではありません。特に初期にプレイした作品は思い入れが強く、且つ思い出補正入ってる可能性が高いです。
点数の大まかな目安としては85点以上が熱中して楽しめた作品になります。

Twitter :
@cocono_eclair
amazon
ジャンルアドベンチャー
18禁等非18禁/未定義/未定義
中央値84
データ数5
原画笛(ツヅクク、ポッコポコピ)
シナリオJ-MENT

入力データ

得点
84
プレイ時間
20
プレイ日時
2018年07月30日

ritz_fawcettさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1001
90~9921
80~8997←ココ
70~7944
60~696
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるritz_fawcettさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1001
90~991
80~893←ココ
70~790
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

コメント

84カタハネ ―An' call Belle―(PSV)(非18禁) (PROTOTYPE)
牧歌的な雰囲気が旅情をそそるシロハネ編と、中世貴族達の政争がメインとなるクロハネ編、現在と過去ニつの舞台が一人称の群像劇によって描かれる。群像劇と言っても一般的な作品とは異なり本作では優に100回以上の視点変更が行われ、意図的に誰かに感情移入させない作りになっている。複数の人物の胸の内を知りながら迫りくる出来事を眺める面白さは、さながら客席から演劇を鑑賞している気分だった。独特な表現法を用いた非常に完成度の高い作品であり、愛らしいキャラ達によって生み出される物語はクリア後に優しい余韻を残してくれた。
総プレイ時間 : 20h