新着音楽コメント

03年エロゲソングの超一押し。怪しげで技巧派のOPもいいですが、こちらのほがさらに好き。コーラス風に切なく歌い上げて、ストレートに胸を打ちます。なにより、歌詞が良い!たぶん、全コピできる。作品は失礼ながら未プレイですが、生生しい雰囲気が伝わってきます。特にラストのサビの「あの日のままずっと笑えたらいいのに、僕たちはそれでも大人になるというなら、今すぐ血で虹を描く」は名フレーズ
作品がおもんな過ぎて興味持たれてませんが、ボーカルソング集は切れ味の鋭いOP曲を始めとして、エロゲソング史に残る名盤といえる出来。なんの前情報もなく手に入れたので、完成度の高さにびっくらこいた記憶があります。8曲もあるが個人的に捨て曲がひとつもなく、力強く抜かりないメロディラインにぴったりとはまる歌い手たち。この作品集を聴かずサブカルソング好きは語れないかも?
200二人色 (恋色空模様のOP )
神曲
このゲームを買ったきっかけはデモムービーでこの曲聞いたから
聞く分には良し。歌うのは恥ずかしいかも
90Octave Rain (PARA-SOLのOP )
曲単体でも十分良いが、OPムービーと合わさることでその良さはより際立つ
この曲聞いてゲーム買った感はある
200Treating 2U (Treating2UのED )
エンディングテーマ。以降使用された場面の説明なのでワンクッション置いてます。
主人公・堤伊之助の弟分である健が倒れたことに居ても立ってもいられない状態で作り始めた曲。健の母親である誠美のルートでは彼らの渡米前に曲を完成させ弾き語りを行うが、他のルートではそれぞれのヒロインに捧げる歌として使用されるなど少々役割が異なる。
200bite on the bullet (Treating2Uの挿入歌 )
挿入歌。以降使用された場面の説明なのでワンクッション置いてます。
主人公・堤伊之助が所属するバンド「Jacket Bullet(bullet)」のライブで必ずやる定番の曲。このバンドでのし上がる、という想いを込めて作った曲で本人も一番気に入っているようだ。作中では病気と闘う健、霞夜や自分を変えたいという決意に迷う蛍子を前にして初めて演奏され、彼らはもちろんのこと足止めを食らってしまった「bullet」に捧げる応援歌として伊之助自身が弾き語りを披露する。
聞くと元気になる素敵な一曲
イントロから神曲の予感

ログイン






検索