比翼れんりさんの「姫と乙女のヤキモチ★LOVE」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

文化が違うなんてそんなの関係ないよ まっすぐこの想いを届けたい
初めてのPrincess Sugarです。ブランドとしてのイメージはやはり「姫」なのだろうなとは思っていましたが、実際にプレイしてみると、姫が物語の中心にはいるも、学園モノとして、先輩後輩幼なじみ等々、王道は押さえている印象でした。

ストーリーのメインは否応なしにアリーゼでしょう。品行方正、それでいて頭のなかは「おセックス」というヒロインです。エッチ色濃いめの作風ですので、まさにセンターにふさわしいキャラクターに見えました。個別ルートはあまり山場というものがないからか、マジョ子を含めた3人でのやり取りが中心です。1国の姫と1生徒会長の恋愛は確かにスキャンダラスかもしれませんが、それほど大事にならないからか、最後まで単調です。キャラクターは悪くはないけれど、徹頭徹尾これではさすがに飽きを感じました。

沙良は幼なじみならではのグイグイ来るキャラクターです。それでいて落ち込むのもマッハで、かなり緩急のあるヒロインですね。典型的なツンとデレを見せるのが共通ルートからあり、個別ルートではデレ分が5割増しくらいになります。ルート後半に廃校の危機という、どこかで目にしたような山がありますが、シリアスに突っ込みすぎず、それは逆に良かったですね。沙良の家のことと絡ませながらの描写でしたが、大して深掘りもなく、キャラクター主体というキャラゲーの本質を突いたルートに思いました。

お姉さんながらそれほど年上っぽくないな、というのが菜乃花の印象です。もちろんからかい上手なお姉さんというキャラクターですが、それでいて恋愛は等身大で描かれているように思いました。余裕がありそうで余裕がない絶妙なスタンスで、これは中の人のキャスティングが当たったように見えます。個別ルートは、学年違いのヒロインによくある、留学・進学問題。別のところでシリアスに分岐しそうでしたが、山はありきたりなものを持ってきました。後半からエンディング、エピローグまでは、そんなに軽くていいの?と思わせるほどスピード感があり、悪く言えば、最後に雑なイメージだけが残ってしまいました。

ベルに関しては、一番好きなヒロインであるも、一番残念な個別ルートに思いました。この手の話なら、想定できる王家の娘であった事実が後から明かされていくわけで、これをどう乗り越えるかに焦点が当たっていれば、話はまだわかります。が、それが表に出るのは、ほぼルート終盤で、以降の展開も流れ作業という具合です。最後まで、蛇足な設定に思いました。純粋に創作に熱心に取り組むベルを主人公が支える構図だけで、キャラクターとしては十分生きたのでは?と思います。あまり重い話題をキーにしないほうが、キャラゲーとしては正解なのだろうと、改めて実感しましたが。

姫も乙女もヤキモチ焼きながらLOVEをするお話であるので、作品としてはやることをやった、と言えるのでしょう。キャラクターやExtraでハーレムもある通りエッチに寄った部分は、売りといってもよく、それなりに良かったと思います。ただその良さを生かすストーリーが皆無に近く、ルートに余計な切り返しがあったり、謎の設定が急に出てきたり、描写を途中で投げているようなところもありました。シナリオ重視でないのは承知の上ですが、最低限カタチを整えたストーリーであってほしかったと思います。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい333回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。

tgl