tsubame30さんの「夜巡る、ボクらの迷子教室」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

非エロにしっかりCG枚数割くのって大事だと思うんですよ。
ぬいぐるみにハサミ刺してるきなのCGみて購入を決意しました。テーマ的なところは他の方におまかせして、やってる最中の所感をいくつか。


■シナリオについて
総じてとても良かった。
ゆっくり信頼関係作って、それぞれが傷に向き合ったり向き合わなかったり。
まだまだシナリオゲーは死んでいない。
腑に落ちなかった点もあったが、ほとんどが他の方のレビューで解消したので、
テーマ的な話は抜きにして、なんとなく思ったことをいくつか。


・はやてルート
家庭のゴタゴタの解決の仕方はどうにも腑に落ちなかった。
たぶん、ルートとしては父親の話にしたかったのだろう。
だから、ストーリー的に親父が出てきて解決、というのはまあわかる。
「お前らの気持ちはよくわかった」じゃねぇよ。せめて一発頬はたくくらいしろ!


・きなルート
コンビニボコボコ謝罪は、一転わりと気分のいい落としどころだと思ったんですよね。
そりゃあ出会ったらボコボコにしたくもなる。(ちなみに僕なら、きなの慟哭セリフ1クリックごとに、いじめっこの殴られリアクションをいれる演出をする)
でも、話の流れとして殺すのは違う
衝動で殴って、謝罪するところではやてが割って入って断罪してくれる。
きなちゃんはよい友人に出会えましたね。報復しない前提としては、視聴者も最も気分がいいのではないか。
(関係ないが、報復する方がわりと好き。『悪の教科書』はいじめに対するファイナルアンサーだと思っている。)
きな編は最後まで気分よくプレイできましたね。最後のてんとう虫がいい。


・りこちゃんルート
りこちゃん、おそろしいロリっ娘。
それはそれとして、話としては煙にまかれた感じがあった。
公園での失言と、母への不信感(?)が結びついていることが、後半までわからなくて、
朝飯も食えない、はやてときなにも合う気がしないの流れがしっくりこなくて、
なにがあった?と右往左往しました。



■逢魔が時モードの中途半端さ
いる? これ。
いやあってもいいのだけども、活用が不十分だと思います。
りこちゃんルートに逢魔が時モードもっと増やそう。だいぶ煙に巻かれる感減りそうな気がする。
他の2人はいうて察することできますから。



■CGの配分が上手
1キャラごとのCG閲覧モードが、5×5=25枚ですが、
はやては4、きなは5、りこは6枚しかHCGがありません。(お風呂はスルーにしても、ソファーでりこちゃんのおっぱい触るのはさすがにエロでは)あとは差分で対応しています。
2回戦をCG固定でやっていたりなど、節約しようという意識が見られます。
ぼくからすれば、これはGreatJob。

シナリオ推しなら、非エロCGにしっかり振っていって欲しい。
アイスとブラックサンダー買いこんで家でばったりのシーンとかすごく好きです。ここのCGとかエロ増やしたら絶対カットされちゃいますからね。
あと、公園で退学を言い渡すシーン。
CGの視点が、客観からきな視点に切り替わるヤツ。あれすごいと思ったんですよ。
ああいう、一瞬しか使えないし、1枚だけあっても意味が無いCGとか、エロにCG割くとどうしてもできないとおもうんですよ。あっても採算コスト度外視できる同人とかですよきっと。
でも、ここぞというシーンで贅沢にかつ効果的にやってくれた。
ここはほんとに良かったです。ああいうのもっとやっていきましょうよ。



■せいゆうさんってスゲー。
毎度思いますけど、声優さんの演技力すごくないですか?
はやての慟哭
りこの「えんぎ」とそれ以外
声優さんすごくないすか?
ここからはファンの戯言ですけど、秋野花さんヤバくないですか?
水葬銀貨の夕桜でも思ったけど、ふだんはアホなのに、征士に相対したときの「死ね」がヤバイんですよ。
今回きなも、ふだんオバカなのに、いじめっこに相対したときの「殺してやる」ですよ。
しかも、互いの声から互いを全く想起させないんですよ。すごくないですか?
きなの鼻かむ演技が好きです。まったく下品じゃないけど、いい感じにだらしくないのがすごい。



tsubame30さんの「夜巡る、ボクらの迷子教室」の感想へのレス

tsubame30さん、初めまして。
soulfeeler316と申す新参レビュアーでございます。
お返事が遅くなってしまい、まずはすみません。
そして、ここに投票返信へのコメントをする事をお許し下さい。

さて、この度は投票と優しいコメントどうもありがとうございます!!
自分の超絶長い駄文レビューにお褒めの言葉を頂いて、もう恐縮一途の次第
tsubame30さんの言う「ゲームのエッセンス」を私の批評で掬い上げる事が出来たなら、こちらとしても書いて良かったなあ…と切に思えました。
本当に、どうもありがとうございます。

では、ここから少しばかり、返信内容及び、気になった事への返しを行いたいと思います。
少々の時間、お付き合い下さい。
>>一番感心したのは『3つのルートをプレイして初めて主人公が分かると言う観点』
ありがとうございます、物語を読むにあたって、今回も読んで下さる方に別の解釈を与えたいなと思い、長々と書かせて頂きました。
しかし、そんな私自身、此処に言及してた人が自分以外いなかった事については、プレイ後、他の方の批評を数多く拝見して驚いた次第です。
「ジョハリの窓」なんて、エロゲでも意外によく見かける「心理学的概念」ですからね……
聞いた事があって慣れている方も多く、もう言及されているだろうなと思っていたのですが、とんだ杞憂でした(笑)
もしかすると、本作をプレイした方はルート毎に割り切って物語を読み進めた方が多かったのかもしれませんね。

>>はやてルート
そうですね、はやてパパもうちょっとはっちゃけても良かった!!
説得力を持たせるって難しいもんだと、このルートでは見事に思った次第です。
ちょっと気になる人は気になるルートでしたね(私含め

>>きなルート
実はあんな批評書きましたが、私も報復する方が好きです(笑)
最近、フリーゲーム収集に凝ってまして、『悪の教科書』絶賛プレイ中でございます。
まあ、それはそれとして、私も1番上手い落とし所だったと思いますね。
もうこれ以上は恐らく望めません、不満でしたら報復するゲームをプレイした方が断然良い。
少し本質や伝えたい事からはズレてしまいますが……
いや、でもこのルートは批評を書くにあたって、何回もプレイしましたね。
最後のテントウムシで必ず鳥肌が立ちます、柔い神経です。

>>りこちゃんルート
>>逢魔が時モードの中途半端さ
ホント、このシステム、りこちゃんルートで大いに発揮するべきだったんですよねえ…
プレイしてても「やけにりこちゃんだけねえなあ」と感じてた位だし、ルートプレイ中はこのシステム自体忘れてしまってました(笑)
逢魔刻モードでも本心分からないとか、彼女頑な過ぎます。

>>あと、公園で退学を言い渡すシーン(以下略
完全同意
もう全部語ってくれたので言う事ありません、満足です。


ではでは、遅ればせながらの返信及び、長々とした突然のコメント失礼しました。
またいずれ巡り会える事を願っております。
2018年02月11日09時57分03秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい587回くらい参照されています。