dovさんの「汐見崎学園演劇部 恋ぷれ ~あなたといちゃいちゃろーるぷれいんぐ!~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

テキストレベルの高い萌えゲー。鮎香シナリオの完成度たるや圧巻。
恋愛を演じる「恋ぷれ」を通じて3人のヒロインが新たな自分を発見していく物語。
コンセプトはベタだが各シナリオとも読ませるだけの文章力を有している。
長さは共通:瀬那:ここあ:鮎香=1:1:1:1で、全部音声を聴くとそれぞれ8時間程度。


・共通
体験版で共通部分全部がプレイできる。
このメーカーは序盤の掴みが弱い。「恋ぷれ」が始まってからが本番。
真一朗が相手に好意を向ける度合いは、おそらくは相手が「自分の本心を見失っていない」度合いに比例する。


・瀬那シナリオ
主人公との愛に溺れるあまり、我が侭を言い出す瀬那に皆が振り回される内容。
前作Clover Pointの夜々シナリオに類似している。
お嬢様という現実と幼い頃ただの女の子になれた自分という理想との狭間で、自分を見失った瀬那が、その間にある自分を取り戻していくというプロットは素晴らしい。
しかし、その過程で激しく取り乱す瀬那を受け容れるのが苦痛かもしれない。
青山ゆかりさんの演じ方もあって、それなりにオトナに見える瀬那だが、実際は手のかかる子供。
もっと可愛い声で演じていれば、瀬那が駄々をこねるシーンの唐突感を緩和でき、桜沢いづみさんの絵にも合ったのではないか?
兄への愛情を着せ替えという手段で発散しているように見えるここあ、自分の恋愛願望を瀬那に仮託したように見える鮎香など、周りの人間模様の描写は最も充実している。
余談だが、公式HPの紹介では舞台の学園は進学に力を入れていないはずだったのに、このシナリオでは進学校という設定になってしまった。


・ここあシナリオ
「ここあが可愛い」それに尽きる。
内容は皆無と言って良く、愛玩な妹を見守るだけ。もっともここあの魅力自体が相当なもの。
ライターのテキストがやや冗長。構成力を除いた単純な文章力で言うと、なかひろ氏と同等くらいか。
主人公が勝手に葛藤したり、義妹と結婚できないと思い込んでいたりと突っ込みどころが多い。一歩引いた視点で、そんな主人公のおバカさを笑える寛容さがあれば、それもニヤニヤできるかもしれない。


・鮎香シナリオ
前半は「実はエロメイドでした」「実はドジメイドでした」といったお約束で笑わせてくれる。後半は「瀬那のために完璧なメイドになりたい」と願ってきた素の彼女自身がフォーカスされる。
ころころと、非常に多様な面を見せる鮎香が魅力的。
完璧なメイドたろうとして、ある意味孤高を保ってきた鮎香を、主人公や周りの人間が優しく溶かし包容していく過程も見事。
その上で、更なる願望を「恋ぷれ」に込めていく未来志向のエンディングも印象的。
ほぼ文句の付け所がないシナリオだが、敢えて欠点を挙げるなら、鮎香が主人公を好きになっていく過程をもう少し詳しく見たかった。


低予算で演出面が弱いが、作中劇「恋ぷれ」の面白さとハイレベルなテキスト、Hシーンの充実で十分元は取れたと感じるゲーム。
特に鮎香シナリオの完成度は白眉で、エロゲ以外のメディアを漁っても、これ以上のラブコメには中々お目にかかれないのではないか。
作中劇「恋ぷれ」が楽しめる方、演出の弱さや真一朗のキャラに耐えられる方、桜沢いづみ絵が合う方(これらは全て体験版で確認できる)は買って損のない佳作だろう。少なくともヒロインへの愛着は裏切られない。

dovさんの「汐見崎学園演劇部 恋ぷれ ~あなたといちゃいちゃろーるぷれいんぐ!~」の感想へのレス

dovさま はじめまして cyokin10wと申します。


気にはなっていた【お勧め】という新機能
自分が使う前に他の方からお勧めしていただけるとは思いもよらず、、、、、、

しかもあの長ったらしいプロフィールや、いくつもの長文感想をご覧いただいたようで
つらつらと拙文駄文を書き続けた甲斐があったとでもいいますか、本当に感謝感激しております。


さて、お勧めいただいた作品についてなのですが
近頃バカっぽい作品に飢え気味な上、ここ最近姿を見かけなくなってしまったJ・さいろー氏が関わっているとのことで
是非プレイしてみたいと思っております。
(Meteorの作品は『Clover Point』の次は『Marguerite Sphere』だとばかり……)


ただなにぶん私のエロゲプレイペースは、月に一本クリア出来るか出来ないか程度でありまして
今すぐプレイして、パッと感想を上げるなどという訳にはまいりません。

下手をすると、dovさまが忘れた頃にひっそりと感想がアップされるというような体たらくになるかも知れませんが
何卒、ご容赦いただければと存じます。


また、どこにレスポンスを返せば良いのか見当がつかず
少々用途が違うと思いつつ、この場所に回答させていただきました。
こちらもまた、ご容赦ください。


それでは、今回はこれにて失礼いたします。
2017年07月03日22時26分49秒
 改めて、このような場では初めまして。オススメしてから「押しつけがましかったかな……」と少し不安にもなっていたところだったので、丁寧な返信が頂けてホッとしております。

 恋ぷれをプレイしていただけるとのこと、嬉しく思っております。とはいえもちろんエロゲはとても長いもの。1つプレイするのに1カ月以上掛かるなんてことは私もザラにあります。cyokin10wさんご自身のご予定もございますでしょうし、途中で投げちゃったとしてもやむないことだと承知しております。cyokin10wさんの思うように消化していただければと思います。

 「家庭の事情で暫く活動休止する」旨を告知されてからすっかり音沙汰のないJ・さいろー氏、私も気になっております。幸い近年ゆずソフトさんの『サノバウィッチ』『千恋*万花』でシナリオ協力として名前を見かけるようになり、完全復帰に望みを抱けるようになりました。

 それではまた。cyokin10wさんとはエロゲの守備範囲が近しい気がいたしますので、別の作品できっとお目にかかれると思います(実はcyokin10wさんの『お家に帰るまでがましまろです』に対する熱いおっぱいコメントを見て、同作品にかなり興味を抱きました)。
2017年07月04日00時58分33秒
dovさまこんばんは、cyokin10wでございます。

お待たせいたしました。
お勧めいただいておりました本作
『汐見崎学園演劇部 恋ぷれ』の感想を上げましたので、ご報告に参りました。

拙筆な上に、リクエストいただいていた『鮎香ルート』の感想、というよりは
『鮎香さん』の感想になってしまったこと、ご容赦いただければと存じます。


また押し付けがましさ云々に関しましては、お互い気にしないことにしましょう(笑)

この感覚はおそらく、この機能を使うに当たってほぼ必然で付随してくる〈仕様〉のようなもの。
その仕様のせいで、せっかく使ってみたいと思い立った機能を使えないというのは、なんとももったいない話ですから。
2017年10月08日18時43分51秒
 どもですー。
 押しつけがましさについては、私も気にしないことにいたします(笑)。
 それからさっそく感想読ませていただきました。とても楽しめました。
 具体的な内容はcyokin10wさまが書かれた感想の方にリプライさせていただきます。ちょっと長くなってしまっているので。
 数日以内には書き上げますので、少々お待ちを。。。
2017年10月09日19時40分31秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい3092回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。