新着体験版をやってコメント

--超外道勇者 (Nomad) (2008-11-28)
芹園みやさん演じるMキャラ、ヴァルナのヤラレ声が聞けるのはファンとして嬉しい。
必ず購入
100淫妖蟲 醜 ~凌蝕楽園退魔録~ (TinkerBell) (2020-04-24)
もともと購入確定していたが体験版でさらに期待が高まった。今回はゲロ・汚物多めなのか?設定でオフにできるようになってた
多分購入
70空の少女 -美娼女学園1- (Argonauts) (2020-04-24)
前作よりエロ特化だが、恋愛モノというより調教モノであるのが注意すべきところかな
必ず購入
--火箭 ゆるすまぢ! そしらぬ笑顔と汚れた下着 (Hending) (2020-03-27)
とりあえず導入部分は中々良かった。一時期間男と付き合ってただけあってある程度親密さがあるのもいい。探偵が好感持てるお兄さんなので竿役の一人でないことを願う(笑)
必ず購入
74創神のアルスマグナ (ninetail) (2020-03-27)
思ってたよりソニア先生が可愛かったが、戦闘が慣れるの時間かかりそう。周回要素もあるようだし、ハマれば時間泥棒となってくれるかな?
--創神のアルスマグナ (ninetail) (2020-03-27)
戦闘のもっさり感がすごい。延期してなおこのもっさりした戦闘なら発売しても変わんないだろう、戦闘のスローペースさを許せないとどんなにストーリーが良くてもだめになるね
様子見
60恋する乙女と守護の楯 Re:boot The “SHIELD-9” (戯画) (2020-03-27)
絵が大きく綺麗になっている。それに音声も新録なのかな? 青山ゆかり・北都南・風音・松田理沙に加え、矢尾一k………もとい岡崎優氏の声が聞けるのは嬉しい。けどシナリオのノリが今見ると古臭いんだよなあ、原作が13年前の作品で基本的な流れはほぼ同じだし。自分はやっぱり買いたいとは思わないな。原作持ってるし。
多分購入
75恋する乙女と守護の楯 Re:boot The “SHIELD-9” (戯画) (2020-03-27)
2007年発売の同名ゲームの同原画家、同ライターによるリメイク。絵素材はSD絵を除き一新されており、瀬之本氏の成長が実感できる体験版だった。ボイスの変更は体験版範囲では中の人変わった有里、新キャラの体育教師、モブキャラ多数が新録ボイス、鞠奈と蓮も1ワードだけ新録部分がある。シナリオは公式紹介にある通り有里と設子ルート以外は大きな変更はなさそうだが、妙子の胸をあることに変更したりと微調整はされているよう。ひどい理由だった女装バレシーンが直っていることを期待する。
様子見
75神様のような君へ (CUBE) (2020-03-27)
イラスト、シナリオ、声優はGoodです。エロも重要視する自分にとってエロシーンが薄いのが気になる。
多分購入
70Secret Agent ~騎士学園の忍びなるもの~ (ensemble) (2020-05-29)
絵と声はとても良いのですが、ブランドを見ると予約をするか迷う。
多分購入
75俺の姿が、透明に!? 不可視の薬と数奇な運命 (Hulotte) (2020-03-27)
絵と声とエロ良し、エロゲーらしいシナリオに期待
60俺の姿が、透明に!? 不可視の薬と数奇な運命 (Hulotte) (2020-03-27)
もっと透明要素を色んなベクトルで見たいな。ここに限ったことじゃないけどキャラゲーだからってシナリオを疎かにするのは違うくない?別にシリアスにしろって言ってるわけではないよ
多分購入
75Secret Agent ~騎士学園の忍びなるもの~ (ensemble) (2020-05-29)
ストーリー性・面白さ(要はシナリオ)という点では信頼がほとんど地に墜ちているブランド。だけど今作は、敵の正体&目的・ヒロインの正体・人間関係等の「引き」がちゃんと配置されており、体験版を終えても「続きはどうなるのだろう」という興味が残る。これまでの作品よりはかなりまともです。主人公の顔アイコンが表示されており、セリフのニュアンスによって表情が変わるため、頭の中で声が再生される(イメージ)のも○。
様子見
70神様のような君へ (CUBE) (2020-03-27)
まず最初に、システムUIや最初の注意勧告が『俺の姿が、透明に!? 不可視の薬と数奇な運命』とかなり似ていて……と言うかほぼ全く同じで驚愕しました。この2作品、合同イベントなんてやってましたし、意外と密接に関わってんだなあ……スタッフ&広報的な意味で。とまあ、そんな戯言感じてたら見事体験版終えた訳だけど、これは非常に心苦しい。裏設定が予想の範疇を超えなかったのは地味に痛いな。SFとして期待していた面が僕自身結構強かったんだけど、あまりそこの所は深堀りされず、超技術的に押し切られている感を強く感じた次第。アンドロイドとかハッキングとかバーチャルアイドルとか、どれも既存のありふれた形で表面的にしか設定が作られていなかったです(体験版時点) 確かに、SFで近未来の発達した技術なんて一言一句解説する作品の方が少ないのは事実だけど、それでも裏側に「進化・発展による変化」を感じさせてくれるSFが多いのも、また事実。本作はあまりその「凄み」を感じなかったと言うのが率直な感想です。ただ、此処については、昨年の個人的傑作SFエロゲ『Missing-X-Link~天のゆりかご、伽の花~』をプレイしてたのも大きいし、期待を重ね過ぎた個人的嗜好による影響の産物なので横へ流すのが割りと賢明。問題は、設定だけならまだしもストーリーが予測の範疇を超えなかった事。これが派手に痛かった。「コイツしかいねえだろ」って思ったのが普通に犯人だった時の虚しさよ。そりゃ唐突に再登場したり、意味深な台詞吐いたり、そもそも登場人物自体少なけりゃ、簡単に予想はつくってなもんで。しかし、その「犯人」が分かっていても面白ければ全然文句無しなんですが、問題はそこまで面白くない事です。驚愕させる為に最後あのような引きにしたのかもしれませんが、個人的には全くの逆効果って形で幕を閉じた読後感でした。後、アイキャッチが矢鱈と多いね。最初はテンション上がったんだけど、読み進めるにつれて、テンポ阻害に首突っ込んでいる面も多々感じられて、正直ちょっとクドかった。ただ、ここからは良かった所。カントク氏の絵が途轍もなく素晴らしい。ツクヨミのクオリアが欠如している感じはかなり上手に表現されていた。そして、バーチャルアイドルに関しては『神様のような君へ』の方がもう一方のあれより、遥かに魅力が伝わった次第。ヒロインは皆さん大変可愛く描かれているので、3人とも基準値高めなんだけど、特に霧香の魅力がズバ抜けていたなあ。この作品、ぼっちで狼狽えやすい彼女との掛け合いは中々面白いんですよ。担当ライター誰だ?と思って調べたら、案の定、三河ごーすと氏でした。年下キャラを魅力的に描くのが、やっぱり上手えなあこの人は。僕と波長が合うのかもしれない。この方が担当したこの娘のルートだけ、プレイしてみるのも悪くないと今は思えます。本作の中で最大の謎である主人公、城前塊斗について明かされるなら、後で購入しようと思いました。
必ず購入
80Secret Agent ~騎士学園の忍びなるもの~ (ensemble) (2020-05-29)
キャラや世界観などの素材は良いと思います。キャラは、カノンとゆいが好みですね。あとはストーリー次第ですが、体験版をやった感じでは良作になりそうな気がします。楽しみにしています。
様子見
75白詰指輪 ~四つ娘の花嫁 俺、全員選びました~ (あかべぇそふとすりぃ) (2020-04-24)
非抜きゲーらしいけど抜けない系の抜きゲーな感じがして正直どうなるのかわからない。絵は綺麗、自分には刺さってないけどかわいいと思う。一人痴女が紛れ込んでるのは面白かった。
必ず購入
75神様のような君へ (CUBE) (2020-03-27)
カントク先生なので買いますが、なんとなくシナリオが短そうな雰囲気がある
必ず購入
80俺の姿が、透明に!? 不可視の薬と数奇な運命 (Hulotte) (2020-03-27)
『Oh!透明人間』エロゲ版。いやあ、笑った笑った。テンポの良さとテキストの妙で、終始笑いながら楽しめた。待雪晴季君が面白過ぎて、今回プレイした3月発売エロゲ主人公では1番好きだと確信しました。僕はこういう馬鹿でエロに忠実だけど、根っこの純粋な主人公が堪らなく好きなんです。それは、亜芽ちゃんへ起こす反応からもう丸わかりで。この主人公、亜芽ちゃん(の裸)好きすぎだろと。彼女へやり過ぎちゃった時の、彼女を意識し過ぎて動くそれは好意の表れだろと。思わず微笑ましくも爆笑してしまった。その結果、可愛すぎる亜芽ちゃんを僕も1番好きになっちゃった次第。主人公とヒロインの掛け合いで、互いに魅力を向上させている、実に素晴らしき相乗効果です。最 of 高。また、快楽主義者にして刹那主義者となった主人公の「原因」も、コメディで進む中へ潜む強いスパイスとなりそうで。体験版時点で何が起こったかはある程度予想出来たけど、どう描写されるかの一点だけで買っても良いと思える具合でした。だがしかし、少しばかり個人的懸念事項がありまして。それはヒロインについて。彼女等は「ほぼ全員好き!」と断言出来る程、魅力的な好人物ばかりだったんだけど、チトセの魅力だけが正直よくわからなかったんだよね。出番が体験版時点で他ヒロインより少ないってのもあるけれど、バーチャルアイドルネタの面白みはよくわかんなかったし、キャラクターもそこまで好ましく思えた訳じゃない。秘密道具を与えてくれるお助けキャラ的立ち位置がメインってよりサブキャラっぽい印象も相俟って、そこまで深く入り込めなかったのが素直な所だった。本作、階段型脱落形式の可能性がある為、もし仮に先の方が仰った通り、チトセが真ヒロイン的立ち位置だとしたら、正直僕は結構キツイ。普通に亜芽ちゃんメインであって欲しいってのが実直な感想。しかし、それでも全体としては魅力に溢れた素晴らしき作品となっていたので、特攻覚悟で戦場へ赴くのも悪くないかな?と、前向きに捉える事の出来た体験版でした。

次の20件を見る 前の20件を見る