長文コメントへのレス

コメント
レスレスユーザーレスの更新日
最新レスすんごいわろたw
なんて正直でかっこいい人なんだ
Bear112018年11月14日

最新レスなぜか熱意だけで感動しましたnoknewrin2018年11月11日

80妹快楽堕ち ~お兄ちゃんに無理やりハメられてから~ (クレージュA(同人))
抜きゲーとしては上出来。ただし・・・・ → 長文感想(789)(ネタバレ注意)(1)
総プレイ時間 : 2h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レスhutabamiyu2018年11月07日

60Deep One -ディープワン- (Nameless)
演出は凄い。ただ肝心なシーンをカットしたのが頂けない。公式さんは続編の方に入れるかアペンドシナリオとして出すかお願いします → 長文感想(201)(ネタバレ注意)(2)
総プレイ時間 : 20h
最新レスライター兼制作指揮さんが「エロに力入れてます!」って雑誌などで言ってたら期待しちゃいますよ…(;´д`)トホホ…

フルボイス化もお願いしたいですね!
陵辱シーンにお爺さんと家臣の声がないと興奮しませんからね(違う)
Chuji2018年11月04日

60Deep One -ディープワン- (Nameless)
演出は凄い。ただ肝心なシーンをカットしたのが頂けない。公式さんは続編の方に入れるかアペンドシナリオとして出すかお願いします → 長文感想(201)(ネタバレ注意)(2)
総プレイ時間 : 20h
最新レス製作者側は『(エロは)必要ない、察しろ』ってスタンスだからね
それよりもフルボイスじゃないってのがありえんわ
名前・立ち絵ありの女性キャラにも無いし信じられん
コンシューマ機に移植前提で作ってるのがありありと感じられてもうね・・・
fatestay12018年11月04日

85Deep One -ディープワン- (Nameless)
ここまで地雷やらクソゲーやらと言われ事自体が、他社からの悪質な世論操作としか考えない → 長文感想(467)(ネタバレ注意)(3)
面白くなってきた時間 : 5h
最新レスお前が書いてるのはレビューではなく低評価への批判
fatestay12018年11月03日

92Deep One -ディープワン- (Nameless)
希有の異世界体験ができる作品。文章、絵、背景、音楽、演出、効果音...あらゆるものがとても丁寧かつ最上級の贅沢さで提供されている。間違いなく最高峰のエロゲの1つ → 長文感想(1604)(ネタバレ注意)(3)
最新レス序盤しかプレイしてないのがバレバレで草
クリアしてから評価しようや・・・
fatestay12018年11月03日

75Deep One -ディープワン- (Nameless)
作品は良かった → 長文感想(221)(1)
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 3h
最新レス股間に操られてそうnoknewrin2018年11月02日

92Deep One -ディープワン- (Nameless)
希有の異世界体験ができる作品。文章、絵、背景、音楽、演出、効果音...あらゆるものがとても丁寧かつ最上級の贅沢さで提供されている。間違いなく最高峰のエロゲの1つ → 長文感想(1604)(ネタバレ注意)(3)
最新レスサクラとかじゃなくてとにかく誉めるというスタンスの方なんでしょう、たぶん。
でもこの諸々の問題点を一切スルーして誉めるだけの文章をDMMやアマゾンなんかにも連投していくのは悪目立ちするんでやめた方が良いんじゃないかと(本当にこの作品を高評価して応援したい気持ちがあるのなら)。
他所だとレビュー数がここよりも少ないので、唯一高評価がこれのコピペだったりしてすごく目に付きますよ。
kingS2018年11月02日

74Deep One -ディープワン- (Nameless)
――――俺は奇跡(笑)を起こす義務がある―――文字通り奇跡()を起こし、その名を業界内へと知らしめた。ヒロインのHシーンなし、分割に関しては点数には入れていません。 → 長文感想(11353)(ネタバレ注意)(1)
最新レス隊長!サクラ業者を発見しました!
構わぬ、撃て
noknewrin2018年10月31日

85Deep One -ディープワン- (Nameless)
ここまで地雷やらクソゲーやらと言われ事自体が、他社からの悪質な世論操作としか考えない → 長文感想(467)(ネタバレ注意)(3)
面白くなってきた時間 : 5h
最新レスギルクラと銀魂とブリーチとまだまだパクった内容がある
だからつぎはぎだらけのストーリーになるんだ
ノベルゲーとか言われてるけどこれは子供の落書き
サクラ業者は帰れ
noknewrin2018年10月31日

92Deep One -ディープワン- (Nameless)
希有の異世界体験ができる作品。文章、絵、背景、音楽、演出、効果音...あらゆるものがとても丁寧かつ最上級の贅沢さで提供されている。間違いなく最高峰のエロゲの1つ → 長文感想(1604)(ネタバレ注意)(3)
最新レス隊長!サクラを発見しました!noknewrin2018年10月31日

90Deep One -ディープワン- (Nameless)
熱く盛り上がり楽しめる! → 長文感想(87)(3)
総プレイ時間 : 25h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レスいやいや皮肉でしょw
……え?そうだよね?
ubu2018年10月31日

85Deep One -ディープワン- (Nameless)
ここまで地雷やらクソゲーやらと言われ事自体が、他社からの悪質な世論操作としか考えない → 長文感想(467)(ネタバレ注意)(3)
面白くなってきた時間 : 5h
最新レス質問なんですけど、他社からの悪質な世論操作ってどこですか? ボクはそういう情報を知らないので教えてください。今後のゲームを買う参考にしたいです。ぜひ。tra2018年10月30日

90Deep One -ディープワン- (Nameless)
熱く盛り上がり楽しめる! → 長文感想(87)(3)
総プレイ時間 : 25h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レスお前評価の割り振りおかしくね?
こういうのを中身がないっていうんだぞ?
noknewrin2018年10月30日

90Deep One -ディープワン- (Nameless)
熱く盛り上がり楽しめる! → 長文感想(87)(3)
総プレイ時間 : 25h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レス捨て垢のサクラがhenryknackered2018年10月29日

40加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
いざ泣こうとすると、泣けないことってあるだろ? → 長文感想(11500)(ネタバレ注意)(4)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 20h
最新レスこちらこそ、遅ればせながらの返信にも係わらず、深まる議論のきっかけを与えて下さった事、重ね重ね感謝致します。
gggrrrさんの批評も先程拝見しまして『加奈~いもうと~』への認識にも、深く考えさせられました。
こうした熟考の機会を与えてもらえた時点で、プレイした価値もあったと今では好意的に捉えられています。
作品はやっぱり嫌いと断定して語るより、好きに捉えられる方が100万倍素晴らしいのです。
gggrrrさんと共に語り合えて、とても良かった。
ではでは、また何時か何処かで巡り会える事を願って……




『腐り姫』の樹里は正直、今回のP.S.で紹介したヒロインの中でも、別格です。
あそこまで狂おしさと恐ろしさを貰いながらも、それらを凌駕する切なさと愛おしさを与えられた彼女に、私は未だ囚われています。
-----------------------------------------
僕はあなたをおもふたびに
一ばんぢかに永遠を感じる
僕があり あなたがある
自分はこれに尽きてゐる
僕のいのちと あなたのいのちとが
よれ合ひ もつれ合ひ とけ合ひ
渾沌としたはじめにかへる
すべての差別見は僕等の間に価値を失ふ
高村光太郎『智恵子抄』「僕等」より抜粋
-----------------------------------------
社会では認められずとも、精神に異常をきたして最後は夫も認識できなくなった智恵子を「極度の純粋」で愛し続けた高村光太郎が好きです。
社会性の喪失した世界でも受け入れられない「極度の純粋」を携え、兄の為に全てへ反逆した『鬼哭街』の瑞麗も好きになりました。
だったら、兄の事を病弱な幼少期の頃から一心に想い続け、世間に受け入れられない「極度の純粋」と共に沈んだ『腐り姫』の樹里なんて、愛していると言っても過言ではありません。
そして、そんな彼女の愛を受け入れて共に居る事を望んだ五樹(+濤羅)こそ、一般的には受け入れられずとも、私の中では最高の主人公
これらは決して、自らの中では「狂気」でなく「極度の純粋」で綴じられる話となってしまうのです。
こういう心境に至ってしまう程、物語やヒロイン、主人公に対して感情移入してしまうのも、極端なロマン主義者ならではの業
傍から見たら極めて狂気的なプレイスタイルでしょう、これからも貫いていこうと思います。





「いつき」の文字変換、先ほど試して鳥肌が立ちました。
soulfeeler3162018年10月26日

40加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
いざ泣こうとすると、泣けないことってあるだろ? → 長文感想(11500)(ネタバレ注意)(4)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 20h
最新レスあまり書き連ねるとキリがなくなるので、これで最後にさせていただきますという前置きを置いておいて、丁寧な返信ありがとうございます。

貴方が仰るとおり、全ては物語に対する姿勢であり主観の違いなんですよね。そこに優劣があるわけでもなく、ただ「違う」というだけ。そして、それに関して言えば私のほうが偏食家であり、傲慢です。これは私生活にも通じてるから、三つ子の魂百までということでしょう。

私の意見について考えを深めてくださり、とても嬉しいです。そして、今後も私が私の楽しみ方をするように、貴方も貴方の楽しみ方を、より有意義にしていってください。



なお、前回話の流れとして書けなかったのですが、貴方が最後に書いた4つの作品のうち、下2つは私もプレイ済みで、かつ「腐り姫」の樹里が、私の触れた作品の中でももっとも印象に残った「妹キャラ」でもありました。そして、ルイリーと樹里の狂気とも言えるレベルの愛を受け取めきった兄2人も、同じく狂気の域にいると思ってます(特に五樹。「いつき」って名前を変換すると、候補に「樹里」がくるんですよね……おそらく作者は意図的でしょうが)
gggrrr2018年10月22日

40加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
いざ泣こうとすると、泣けないことってあるだろ? → 長文感想(11500)(ネタバレ注意)(4)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 20h
最新レスgggrrrさん、初めまして、soulfeeler316です。
私の、こんなクソ長い批評に真摯に向き合った御意見、本当にありがとうございます。
今日偶々、自分の批評を見返した際に見つけたのですが、純粋に嬉しく思いました。
今でも、こんなに長く私の批評に対する感想を示してくれる方もいるんだなと、頑張って書いた甲斐もあったと言う物です。
gggrrrさんが私と同じ賛同と共感と、そして私と異なった相違を発見出来ただけでも、書いた価値は確かにありました。
返しに対する返しと言った形になり、大変申し訳ないのですが、私の方からも意見を追記する事、誠にお許し下さいませ。



①「禁忌」が足りない
>>ただ、「常に一緒にいた存在」、「主人公の行動によって人格形成が変わる人物」という観点で見れば、やはり妹として以外に、加奈のキャラクターは在り得なかったと思います。そこに「恋愛」というファクターを挟めば不満点が生まれることは確かでしょうが、これは見方の問題でしょうね。「ヒロイン」として見れば妹である必要はなかったが、「物語の主役」(主人公にあらず)としては妹でないとおかしかった、とでも言いましょうか。加奈が妹である必然性は十分にあったと思います。

ここの部分を初めて読んだ時、ああ成程、と目から鱗が落ちた感覚を味わいました。
確かに振り返ってみると、私は加奈と名付けられた少女を主人公に守られる「ヒロイン」として見ていた節があり、物語の主役としての「ヒロイン」と言う視点をきっぱり排除していたように思います。
本作の根幹にあるのが「加奈」と言うのは、プレイした方なら誰もが首を縦に振って断言する事象でしょうが、そんな彼女の見方でここまで作品の性質は変わってしまうモノなのですね……
今回の指摘で、酷く実感致した次第です。
確かに加奈が「いもうと」である事への意味、無くは無かったのかもしれないと、見解を改める結果と繋がりました。
思うにこれは、私の「妹キャラ」を好き過ぎる誤認識が発生した現象なのかもしれません。
そもそも、私が元来「妹」と名の付くキャラクター造詣を好きになった背景には、やはり「妹は守られるべき存在」と言う固定観念がありました。
たとえ最後に成長しても、裏切っても、死んでしまっても、物語上、妹とは兄の一歩後ろに控えておるべき存在であり、彼の庇護下において真価を発揮する存在である。
実に思い上がりも甚だしい、平等を謳う現代的価値観とは全く相容れない偏見です。
この意見は、そんな私の偏った考えを是正するきっかけとなるやもしれません。
誠にありがとうございます。


>>個人的に、「死生観」と「恋愛」は相性が悪いと思ってます。

「死生観」と「恋愛」について、私は寧ろ切っても切り離せない関係だと認識していた所があります。
後でまた言及しますが、gggrrrさんが仰った様に、私達は本当にプレイスタイルが正反対だと感じた最初の瞬間です。



②現実的だからこそ、粗を目立たせずに物語を膨らませろ
>>「ご都合主義がない」と声を高く上げておるのはあくまで外野であり、ライター自身は分かっていたであろう節が見えるからです。
物語の最後でそれをやったから余計に目に付いてしまったと思いますが、私個人としては当時医学的にも法律的にもありえないと知っていたけど、それくらいのご都合はいいんじゃあないかとは思いました。
しかし、最後の〆がそれでは…… という考えも同時に起こったのも確か。「無い方がよかった」点ではあります。

ここに関しては本当にその通りで「作る位なら無い方が良かった」と言う価値観は、クリアしてからも、こうして返答している今も、なんら変わりません。
恐らくご都合主義を分かって使っている所と言うのは、移植のミスマッチゼロ等が挙げられるのでしょうが、もっと上手く示す方法があったのではないかと思うのです。
どうすればいいんだよ?と訊かれたら迂闊には答えられませんが、移植します→検査した、ミスマッチゼロだった、奇跡だには、やはりガックリと来たのは事実
また、香奈ちゃんの件に関しても生体部分肝移植と言う方法で救えば良かった所を、無理に加奈が死んでからの移植として衝撃を与えようとさせてしまった結果、矛盾や齟齬が生まれてしまいました。
要するに、展開上の妥協を感知させる描写をユーザーに与えてしまったのです。
意図的だったと分かっていたからこそ、そこが妥協によって生み出された展開だと言う事に、恐らく私は我慢がならなかったのだと思います。

物語を作ると言う真摯な対話に「妥協」が生まれてしまった瞬間を、これらで垣間見てしまった。
それならばいっそ「加奈も香奈も絶対に救えない」と言うエンディングばかりを示す事で、ユーザーの心に尚更本作を残らせる方が、物語としては破格の魅力
事実、そういう風に作った事で、心に残ってしまう、メッセージ性の強調としては最高な作品も確かにあります。
本作もその領域にまで至れたのかもしれないと思うと、非常に残念でなりません。


>>また、家族の「必死さ」については私はあなたと意見を異にします。それは「須磨子」というキャラクターの存在がそうさせています(以下略

これもまた、確かにそうでもあるなと頷いてしまった次第です。
「知的ルート」で、お父さんの心境が須摩子さん(ですよね?)と関わった事で、貴方の仰ったような変遷を辿っているのだとしたら、成程、すこぶる理解出来ます。
あくまで想像の余地でしかありませんが、解釈としては何も破綻していない、実に素晴らしい物語の楽しみ方がありました。
本ルートにおける御両親については、私も非常に納得した次第です。
ただ、そうなるとやっぱり「活発ルート」の両親には疑問が残りますね……
どんな設定の相違があったのか、とにかく不思議
後、本文でも述べたように、主人公が加奈の病気について調べる場面は、物語に深みを与えると言う一点において、やはり必要であったように感じました。
慢性腎不全は確かに移植しなければ治すのが極めて困難な病であります。
ユーザーの私も分かってはいるのですが、それを主人公が調べ続けるシーンを随所に挿入する事で、彼に対する私の想いも随分と変わるように思うのです。

ただ、恐らく勘違いをしていると思いますので、ここで申し上げましょう。
私自身、ご都合主義自体はかなり許容出来る性質です。
物語を構築する上で、特定の産物にとっては必要不可欠なモノだとも思っています。
例えばKey作品なんて、嫌いな人からしたら「ご都合主義の宝庫」と揶揄されてしまうでしょうが、私は結構好きです。
ファンタジーを謳う以上、奇跡で解決する事にも限度はあるでしょうが、私はその基準が果てしなく甘いのです。
やっぱりそれは、作品の内容にその「奇跡」とやらが上手く絡み合っていたからと言うのもあるのでしょう。
個人的に1番好きな『AIR』なんかは、奇跡と言う名のご都合主義は確かに起こったけれども、全てが上手く行った訳ではない切なさを、これまで与えてきた世界観と展開で上手く伝えておりました。
世界観と展開を裏切らない「ご都合主義」なら、私はもう大歓迎なのです。

ただ、現実的な側面をエロゲで描こうとした『加奈~いもうと~』の話に限って言えば、その例えは通用しません。
端的に言えば、本作は「ご都合主義」の見せ方が下手だった。
個人的に思うなら、その一点に尽きると感じます。
恐らく、私が物語に対してストイックすぎるのかもしれません。
もし合わないと感じたならば、若輩者の戯言として御聞き流し下さい。



③私が他の「感動作品」を知りすぎた
>>これも同意、というか共感します。多くの小説、漫画、ゲーム、映画などに触れてきて、かつ自分の趣向と合致するものに出会ってしまうと、どうしてもそれが頭に残り、比較してしまうんですよね。特に自分の趣向と完全に合致してしまった作品と出会うと、それを忘れることなどできなくなる。貴方が冒頭で行ったようなリセットをしようとしても、絶対に頭から離れることはない。貴方の場合は『Sweet pain little lovers』がそうだったのでしょう。ですが、作り手からしてみればユーザー一人一人の事情なんて当然の話ですが知ったこっちゃないんですよね(以下略

こちらは理解と不思議が半々に分かれる結果と相成りました。
前半部分は至極、同意できます。
私のやってきた事って、正直言ってしまえば「無駄な努力」であった時も確かにありました。
『Sweet pain little lovers』のみならず、P.S.で書いた作品群をも超えると言うのは、中々に難しいです。
これら以外の他作品を例示しないと言うのは、これらの良作には及ばないと言う証明
仰る通り「特に自分の趣向と完全に合致してしまった作品と出会うと、それを忘れることなどできなくなる」でしょう。

ただ違うのは、最近の作品でも「感動した」と胸を張って豪語できるシーンが幾らでもあると言う事
二番煎じでも、猿真似でも、後追いでも、感動出来た場面と言うのは幾らでもありました。
製作側が伝えたい一定数の「感動シーン」で、心を動かされる事と言うのは、感情移入の多い私の中では莫大なんです。
最近だと『夜巡る、ボクらの迷子教室』なんて正しくそうでしたしね。
また、仮に私自身のプレイしてきた作品が本作に悪影響を与えていたとしても、男キャラの扱い等、比較せずとも改善すべきであろうと感じたポイントは随所にあり、そこに不満を感じたのも事実でございます。
他作品の素晴らしさに引っ張られて楽しめなかった、だけの問題じゃあないのではないかというのも、正直この作品については感じています。
そう思えたなら、私が悪かっただけの簡単な話だったんですけど、難しいものです。

たまに以前やった過去の良作へ引っ張られる時もあります。
しかし、それでも全体的には及ばなくとも、このシーンだけは過去の良作を越えたと断言できる作品も確かにあります。
そんな中で『加奈~いもうと~』には「無」と呼ばれる感情しか出なかったのだから不思議
クリアした今も何故だろうと気に病んでいますが、恐らく、答えは出ないでしょう。
自意識って、1番のミステリーだなと思いました。
真相迷宮、闇の中です。


>>あとついでに、由美ではなく夕美ですよ? 感情的に彼女を批判した連中に憤るのもわかりますが、一旦落ち着きましょう。

ああ、やっちまった。
誤字脱字は絶対にしないと固く誓っていた私ですが、そもそもにして登場人物の名前を最初から誤って覚えていたとは何たる不覚
私の調査不足、記憶力欠如が齎した問題でしょう。
御指摘、誠にありがとうございます。


>>「加奈は何の捻りもなく、徐々に死んでいきます。」と書かれていましたが、私はむしろ「だから良い」と思ってます。ただし「知的」ルートに限った話ではありますが。
むしろ加奈の状況では、多くの付加価値は邪魔になります。
また、貴方は加奈を「実に卑怯な娘だなと思いました」と書かれましたが、私はそうは思いません。彼女が健全者であったならば、その指摘は的を射たことでしょうが、彼女にはエネルギーが限られているのです。だからこそ、自分のもっとも大切の事柄にのみ、少ないエネルギーの全てを注いだ。そんな彼女の姿勢が悪いとは、私は思いません。彼女には勇太と正面から向き合う「余力」はないのです。死病を患った人間の「メメント・モリ」と健常者の「メメント・モリ」は絶望的なまでの断絶がある、と私は思います。

今回のgggrrrさんの指摘の中で、個人的に恐らく最も響いた箇所
自分がまだ健康であるが故に、死に迫っている人間の死生観へ、真に寄り添えていなかったのではないかと熟考する機会を与えられました。
時間も限られている彼女であれば、自らの大切な存在に多く心血を注ぐのは当然の理屈
死病を患った人間の「メメント・モリ」と健常者の「メメント・モリ」は絶望的なまでの断絶がある、正しくその通りですね……
これは本当に的確且つ素晴らしい解釈だと感じました。
与えて下さりありがとうございます。


>>私は物語を読む姿勢として「好き嫌いをして読む」を採用してます。自分の美意識に抵触した展開になると、基本読み飛ばします。かつ、自分にとって満足するEDがあったら、他のEDのことは頭から外します。そして自分の中の2次創作を作り、それを私の中の「加奈」として保存します。なので、私のなかで「活発な」加奈は存在してません。
私の中では主人公と加奈はSEXしてないし、夕美に対して理不尽な態度は取ってないことになってます(私の中で活発ルートは消滅してます。ある意味作品への最大の侮辱)

これ、凄く面白いなと思いました。
そして同時に、自分には真似出来なき芸当だなと強く感じました。
私は、書いてある文章や内容から最大限の思想や感情、想いを汲み取ろうと邁進するタイプです。
例えば、現在私は『CARNIVAL』の批評に着手しているのですが、その中には作品内で出てきた文学や哲学、宗教思想を捉えて、メッセージ性を見出すと言う項目が設けられています。
出てくる文学作品の共通点から分かる本作のメッセージとか、明示はされていないけれども文体と内容で分かる某文豪へのオマージュとか、登場人物のある台詞はこの哲学思想に準えて生み出されているとか、あるキャラクターの考えている思想は新しき概念と相成って生まれ変わったとか、そんな感じです。

ある種、考えすぎ、深読みしすぎ、そこまで作者は考えていないと馬鹿にされる批評の典型
ただ、私はそれしか出来ないので、それだけの事しか書けません。
そう、「見たいように見る」と言う器用な行為が私には出来ないのです。
気に入らない内容の部分をカットなんて、そんなおいそれと出来ないのです。
それこそ、作品理解における大事な証拠の一部が消失してしまう事の現れとなってしまうから。
なので、私は逆にgggrrrさんのプレイスタイルを素晴らしいと感じています。
自分にはそこまで思い切った事は出来ませんし、そういった遊び方だからこそ見えてくるモノもあると私は思うのです。
その結果、自分が思いつきもしないような解釈に至るのは必定であり、そしてそれもまた、作品を理解していく上での楽しみと繋がっていくのだろうと思います。
私の出来ない事を、意図も容易く、上手く行う方もいるんだなあ……と非常に参考になりました。
是非、今後とも続けていって下さい。


>>私見として言わせていただくならば、貴方は「泣きゲー」という型に拘りすぎたのではないでしょうか。おそらく、ご自身でも理解されているかと思います。しかしそれならば、感想の〆で言った「理性的に見た場合」での点数をつけた方が妥当であると思います。もしくは、点数を付けないか、です。低評価した因が感情的なものであるならば、その点数はそのまま自身に返ってくると思うのです。

正しくその通りです。
改めて本作を振り返ってみると、私は『加奈~いもうと~』と言う作品を「知的ルート」「活発ルート」一緒くたに纏めて考えていた節が多々見受けられるなと感じました。
そして、知的ルートの面に絞って考えてみると、評価されるべき点も増えたように感じた次第です。
その分、活発ルートの杜撰さも際立ちましたが。
今回gggrrrさんから与えられた聡明な指摘と私の熟考を踏まえて、少しばかり点数が上がる事をお約束致します。
理性的に見る事の意味を改めて教えてくださった事、深く感謝致します。



主観の違いで、1つの作品はこんなに味わい深い議論を作り出せる。
これこそが、私のエロゲをやり続けている1つの意味であるのだと、改めて実感しました。
この楽しみこそ、私がエロゲをプレイし続ける原動力にもなり、ここに批評を書き続けている意味なのかもしれませんね……
soulfeeler3162018年10月22日

最新レス暗黙のルールは守らないとねnoknewrin2018年10月20日

40加奈 ~いもうと~ (D.O.(ディーオー))
いざ泣こうとすると、泣けないことってあるだろ? → 長文感想(11500)(ネタバレ注意)(4)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 20h
最新レスはじめましてこんにちわ。私もこの「加奈」は前評判ほど感動できなかった男なので、貴方の意見に賛同するところもあり、そして同時に、感性が異なる人間だからこそ、賛同しかねる意見もありました。なのでこうして意見を書かせていただきます。

①「禁忌」が足りない  について
私は俗に言う「妹属性」がない人間で、かつヒロインのキャラクターにあまり拘らない(それもどうかと自分で思いますが)ので、この視点はむしろ新鮮でした。しかし、言われてみれば…… という思いは確かに生まれましたね。私は加奈を「病弱少女」としか見ていなかったので、「妹」、それに関わる「禁忌」という点では全然重視してませんでした。
ただ、「常に一緒にいた存在」、「主人公の行動によって人格形成が変わる人物」という観点で見れば、やはり妹として以外に、加奈のキャラクターは在り得なかったと思います。そこに「恋愛」というファクターを挟めば不満点が生まれることは確かでしょうが、これは見方の問題でしょうね。「ヒロイン」として見れば妹である必要はなかったが、「物語の主役」(主人公にあらず)としては妹でないとおかしかった、とでも言いましょうか。加奈が妹である必然性は十分にあったと思います。

個人的に、「死生観」と「恋愛」は相性が悪いと思ってます。私は主人公と加奈の恋愛的な描写、特に主人公の葛藤とかは基本読み飛ばしてました。



②現実的だからこそ、粗を目立たせずに物語を膨らませろ  について

これには半分同意です。出来事を淡々と描写するのは、むしろ歴史小説の分野であり、山あり谷ありのヒューマンドラマには適してませんね。むしろそういう描写をする場合、否応なしに山あり谷有りになる「恋愛」は邪魔になります。「死に向かう少女」という似た設定がありますが、私の中の至高の作品である「narcissu」には「ご都合主義」は、私が見たところ見受けられませんでした。

ですが、私はそこまで気にしませんでした。「ご都合主義がない」と声を高く上げておるのはあくまで外野であり、ライター自身は分かっていたであろう節が見えるからです。
物語の最後でそれをやったから余計に目に付いてしまったと思いますが、私個人としては当時医学的にも法律的にもありえないと知っていたけど、それくらいのご都合はいいんじゃあないかとは思いました。

しかし、最後の〆がそれでは…… という考えも同時に起こったのも確か。「無い方がよかった」点ではあります。

また、家族の「必死さ」については私はあなたと意見を異にします。それは「須磨子」というキャラクターの存在がそうさせています。
彼女は主人公の叔母で、乳癌でした。そして、乳房の切除までしながら、助からなかったのです。作中でもそれに対して彼女がどう思っているのかがわかる描写がされています。女性の象徴である体の一部を、永遠になくす決断をしても助からなかった、主人公の父にとっての「妹」が須磨子さんです。この「妹」の最後を見て、兄はどう思ったでしょうか。「なんのために妹は女性の象徴まで切り落としたんだ」と思っても彼を責めることは出来ません。そして、彼はこの段階で「医療の限界」を知ったのでしょう。ならば、「拒否反応が起こる他人の臓器を入れる」ことに決断しきれなかったことも、私は責められません。あらゆることをしても助からなかった大事な人を、彼は失ってるからです。例えば適合者が現れて、無事移植できたとして、拒絶反応は起こります。加奈は苦しみからは抜け出せないのです。そしてその後も慢性的な拒絶反応が待っているとわかっていれば? その拒絶反応で死に至る可能性を知っていれば? 両親、特に父親が最後まで移植に踏み切れなかったことは、私は想像出来ました。彼らにとって移植は「最後の手段」であったと、私は思います。
加奈の体調が急変したのは高等期に入ってからで、それまでは安定していたのだから、「最後の手段」を取ることはないと考えていたのでしょう。
ただし、「活発」ルートの両親については貴方の言うとおりだと思います。多分活発と知的で色々設定違うんだと自己完結してます。


③私が他の「感動作品」を知りすぎた について

これも同意、というか共感します。多くの小説、漫画、ゲーム、映画などに触れてきて、かつ自分の趣向と合致するものに出会ってしまうと、どうしてもそれが頭に残り、比較してしまうんですよね。特に自分の趣向と完全に合致してしまった作品と出会うと、それを忘れることなどできなくなる。貴方が冒頭で行ったようなリセットをしようとしても、絶対に頭から離れることはない。貴方の場合は『Sweet pain little lovers』がそうだったのでしょう。ですが、作り手からしてみればユーザー一人一人の事情なんて当然の話ですが知ったこっちゃないんですよね。だから、これに関しては某ゲームのウルトラ求道僧の言葉を拝借するしかない。

「間が悪かったのだ」

これに尽きます。もっと貴方が早くに、別の感動作品を知る前に、このゲームに出会えていたら、感想も変わったのではないでしょうか。そして、この作品を高評価してる多くの人達は、多分そうではないかと。


では締めに入ります。

実は私もゲーム中ずっと加奈には感情移入してませんでした。主人公もどちらかといえば嫌いなタイプで、勇太や夕美のほうが人間的に好きです。ですが、そのために物語をフラットな姿勢で終始みることが出来ました。勇太と加奈の関係は、加奈の育った環境、状態からして無理がないと私は思ったし、展開そのものの好き嫌いを置くと、矛盾はしてませんので納得できました。けど、主人公の夕美に対する態度だけは終始「?」マークを頭に浮かべていました。この辺は貴方が言う「負のご都合主義」ですね。主人公は決して悪い人間ではないし、特別頭が悪いわけでもないのに、夕美関係になると途端に頭が悪くなる。因果関係を紐解いても強引すぎる作りでした。あとついでに、由美ではなく夕美ですよ? 感情的に彼女を批判した連中に憤るのもわかりますが、一旦落ち着きましょう。


「加奈は何の捻りもなく、徐々に死んでいきます。」と書かれていましたが、私はむしろ「だから良い」と思ってます。ただし「知的」ルートに限った話ではありますが。
むしろ加奈の状況では、多くの付加価値は邪魔になります。
また、貴方は加奈を「実に卑怯な娘だなと思いました」と書かれましたが、私はそうは思いません。彼女が健全者であったならば、その指摘は的を射たことでしょうが、彼女にはエネルギーが限られているのです。だからこそ、自分のもっとも大切の事柄にのみ、少ないエネルギーの全てを注いだ。そんな彼女の姿勢が悪いとは、私は思いません。彼女には勇太と正面から向き合う「余力」はないのです。死病を患った人間の「メメント・モリ」と健常者の「メメント・モリ」は絶望的なまでの断絶がある、と私は思います。
でも主人公の対応は割と屑だと思います(活発ルートのみ)。あと「活発」ルートの加奈だと貴方の指摘は正しいです。正論だと思います。


私は物語を読む姿勢として「好き嫌いをして読む」を採用してます。自分の美意識に抵触した展開になると、基本読み飛ばします。かつ、自分にとって満足するEDがあったら、他のEDのことは頭から外します。そして自分の中の2次創作を作り、それを私の中の「加奈」として保存します。なので、私のなかで「活発な」加奈は存在してません。

私の中では主人公と加奈はSEXしてないし、夕美に対して理不尽な態度は取ってないことになってます(私の中で活発ルートは消滅してます。ある意味作品への最大の侮辱)

私はこの作品を読んで泣くことはありませんでしたが、それでも良い物語であったと思っています。
私見として言わせていただくならば、貴方は「泣きゲー」という型に拘りすぎたのではないでしょうか。おそらく、ご自身でも理解されているかと思います。しかしそれならば、感想の〆で言った「理性的に見た場合」での点数をつけた方が妥当であると思います。もしくは、点数を付けないか、です。低評価した因が感情的なものであるならば、その点数はそのまま自身に返ってくると思うのです。
作品の評価とは、究極的に言ってしまえば、個人のみで完結するものです。同じ感想を抱いた人と共感することはできますが、如何に他人が「泣きゲー」として高評価しようとも、自分がその作品に触れるまでは、それはあくまで「泣きゲー(仮)」でしかありません。そして実際に作品に触れた結果として「泣けなかった」と文句をいうのは、勝手に理想を押し付けて、理想と違うと分かった途端に「こんな人だと思わなかった」と言っちゃう少女漫画で一束いくらで売ってるような女と大差ないと思うのですよ。

おそらく私と貴方の最大の違いは「私はフィクションの世界に自身を投影して泣きます。」というこの一点。私はどの物語にも「自己投影」は行いません。私は彼らの人生を物語として受け取るだけです。私にとって物語の判断基準は「美しいか、そうでないか」なので、加奈というひとりの少女の人生を受け取った結果、「美しい」と判断したので、この物語の評価は高いです。

多くの点であなたと類似した感想を持ちましたが、物語への姿勢の違いで、まったく異なる評価となっています。人間の主観というのはこれだから面白い。
gggrrr2018年10月14日

--ひまわり (ぶらんくのーと(同人))
(GiveUp) 「初めはつまらないけど、我慢して最後までプレイすれば面白くなるよ」というのはゲームには通用しないと思う。 → 長文感想(354)(1)
最新レス一周目は面白くないか・・・
少し物足りないとは思うが、1週目があってこその2周目だと思う
2周目をクリアした時には微妙から神ゲに変わっていることだろう
ちなみにこれは体験談、1週目で1年放置後プレイして驚きました
yamaneko8282018年10月10日

最新レスあかべぇリスペクトじゃないけど今回はちょっと違うことを伝えたかったんだよnoknewrin2018年10月04日

87Summer Pockets(非18禁) (Key)
keyは健在だったか? → 長文感想(1842)(ネタバレ注意)(1)
総プレイ時間 : 20h
最新レス返信失礼します。
感想の後半部分はちょっと考えさせられました。
面白い視点ですが、Key健在のハードルが高いですね。
麻枝准含めて大多数の人のKey健在の基準が「クリックしながら涙を流した」かと思います。

ntrmk_stone様のエロゲ(ノベルゲー)界の中で「Keyは終わった」の判断基準がCLANNAD前後の時代のKeyでしたら、リトバスかRewriteのあたりにすでに終わったのではないかと考えております。
ts863082018年09月26日

84Summer Pockets(非18禁) (Key)
クラナドバスターズBeats!-the 1000th summer- → 長文感想(612)(ネタバレ注意)(3)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レス返信ありがとうございます!

なるほど…感情移入する対象を羽依里に固定してしまうと確かに家族愛の部分は薄れてしまいます。
ALKAは羽依里視点とはいえ、どちらかというとしろはとうみのからみがメインな気がします。
Pocket前半は羽依里が全くの不在でしたし。
本作の家族愛の部分は、あの夏休みみたいに家族と一緒にいる時間の大切さと
しろはとうみという母娘のお互いへの思いによって頑張っていることでしょう。

Keyの作品はいつも考察の余地が一定以上残っており、そこが賛否両論なところになったりもしますね。
私はいつも感性に任せて楽しんでいます。
麻枝さんが自分で原案、シナリオを考えて、自分で作曲して楽曲で物語を彩るというのが一番の魅力ではないかと考えております。
ts863082018年09月16日

84Summer Pockets(非18禁) (Key)
クラナドバスターズBeats!-the 1000th summer- → 長文感想(612)(ネタバレ注意)(3)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レスレスありがとうございます。key作品がお好きなんですね。
提示されたフィクションの水準に対して、作品内でどれだけの説得力(情報量)を必要とするかは人によって異なってくる所だと思います。
今作のALKAのような話をスッと受け入れられる方は柔軟な感性をお持ちなのでしょう。

両親を大事にしたい…なるほど、その考えは思い至りませんでした。物語をうみちゃん視点で読んだり、俯瞰で眺めればそういう感情が湧いたかもしれません。
親への愛といえばクラナドで朋也が祖母に出会って、初めて父親が自分を懸命に育て上げてくれた事実を聞かされた場面でボロボロ泣いた記憶がありますが、あれは主人公の朋也=自分であり朋也の父親=自分の父親という読み方をしていたからだと思います。
私の場合、一度感情移入する対象を固定してしまうとそこから抜け出せないみたいでして、サマポケの世界において私=羽依里=うみの父親なんですよね。そうなると私自身の親は話に登場してこないためにts86308様のような捉え方を出来なかったんだと思います。

鍵好きの中でもONEやKanonを好むタイプとAIRのAIR編やクラナドのアフターストーリーのような話を好むタイプで分かれてるような感覚はありますね。恋愛と家族愛のどちらを重視するかで分類されそうです。もちろん全部好きって方も多いでしょうけれど。
ritz_fawcett2018年09月13日

84Summer Pockets(非18禁) (Key)
クラナドバスターズBeats!-the 1000th summer- → 長文感想(612)(ネタバレ注意)(3)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レス返信失礼します。
そこは現実とファンタジーの違いですよね。
何より麻枝本人が40代独身ですし(笑)子供がいても半分の確率で娘ではないし。
でも両親を大事にしたいと多少たりとも思わせられます。
個人的にKeyに求めているのは笑いと友情と親子愛と薄い恋愛要素でした。
(なので蒼ルートはいちばん自分に肌が合わない)
ts863082018年09月13日

最新レスエリスはカイムに依存しているが、その大前提として
人形として生まれた、育てられたということに依存している
カイムの傍にいたい→人形になりたい。命令ください
カイムは人形だった頃のエリスを知っているから
それを恐れて突き放す

最終的に人形として生まれたことに意味なんて無いんだよと
ただ不幸なだけだったんだと諭すっていう話

エリスのカイムの傍にいたいを単純に好きと解釈してしまうと
カイムさんにイライラすることになる
ジークやメルトはそういう風に見てるのが分かる
decisive2018年08月29日

100真・恋姫†夢想 -革命- 孫呉の血脈 (BaseSon)
孫呉の血脈とは決して孫家三代に渡る脈々と受け継がれし呉のことを指すだけではなく、師から弟子、等次代へ託す孫呉の将たちの生き様のことを指してんだろうな → 長文感想(731)(ネタバレ注意)(2)
最新レス最後の戦いでのアレ(戦闘放棄を全武将をしたあげく一方的に消滅)

各キャラのシーン全すっとばしても
「ああ、こう終わらせるしかないのね」のラスト
2国?同盟のために、曹操をああしたのだけが、それねーよ。レベルだな。
htxdn0902018年08月26日

100真・恋姫†夢想 -革命- 孫呉の血脈 (BaseSon)
孫呉の血脈とは決して孫家三代に渡る脈々と受け継がれし呉のことを指すだけではなく、師から弟子、等次代へ託す孫呉の将たちの生き様のことを指してんだろうな → 長文感想(731)(ネタバレ注意)(2)
最新レス御自分で仰っている通りだいぶ真恋姫を忘れてるんではないかと。

雪蓮死後の冥琳と蓮華の関係なんかはほぼ真呉√のシナリオをそのまま流用で、冥琳が蓮華にきつく当たるのは無印ですね。
そもそも無印では冥琳はヒロインではなく敵役でした。
あとご存知かもしれませんが、祭さんは真呉√でも普通に生存してますよ。
また蒼天の覇王は「リメイクではなくリブート」とあえて宣伝したことで批判されてます(リメイクなら大まかな流れが変わらないのはまあ当たり前)。

蒼天の覇王よりもだいぶ改善してるのは同意見ですが、読んで勘違いされる方がいるかもしれないので一応ご指摘させて頂きました。
kingS2018年08月26日

69抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? (Qruppo)
道徳的に世界観を受け入れることが出来なかった。個人的に、かなり人を選ぶゲームだと思う。 → 長文感想(1383)(ネタバレ注意)(5)
最新レス現実感のある問題を扱っておきながら、非現実的な解決法でいい話”風”にしたのが受け入れられなかったっていうことだと思ったんだけど、違うのかな?
それに対して「フィクションなんだから何でもありだろ」って言うのはずれてる気がするし、まして買うほうが悪いなんてのは筋違いもいいところじゃ……
こんなところでマジレスしちゃう自分も自分だけども。
ubu2018年08月26日

100銃騎士Cutie☆Bullet (エフォルダムソフト)
こんなに面白い作品は今までに見たことがない! → 長文感想(338)(3)
総プレイ時間 : 8h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レス皮肉に対して読解力が腐ってるとか中々見事なブーメラン芸
ちょっとクスッと来た
hiyorin2018年08月25日

最新レス仰る通りだと思いますが……。

まず共感しがたいものが後追い自殺で、どれだけ彼氏に依存してたんだよ、というメンヘラ感が受け入れることが出来ませんでした。
私には社会学を学んでいた頃があり、自殺は社会との関係が希薄になると起こりやすいのですが、感情論で自殺することはめったにありません。
いじめによる自殺も苦痛よりは社会に受け入れられているかどうかで、意外と高齢者の方に多い現象なんです。

何より自責の原因が、バスの最前列で手紙を読むように仕向けた、という内容です。
あまり多くは語りませんが、これは共感派と非共感派がいると思います。
運転手を責めるなら分かりますが、いやいやいや、という感じで。

別に最前列が死にやすいという常識もないですし、客観的に見て、単なる偶然だと思うのですが……。
恋人の死に錯乱してしまったのでしょうか、私は本文で記した通り、考えることを拒絶させられました。
文字通り正気ではなかったのでしょうが、正気を疑ってしまいます。

どうなんでしょうか。
本当にあの内容で「殺してしまった…」と思えるのでしょうか、私はギャグかな?と思いました。
好きな人には申し訳ないのですが、やはり体験版から少し先まで良かっただけに、オチがは?と思った印象が強いです。

手紙を読んで欲しい→最前列に乗った→これは私が殺してしまったんだ(><)
え、は? という、いやいやいや、正気か? と問わざるを得ないような……。

もうこれがアリなら、普段お祭りに出かけないカレを無理やり連れ出したら屋台が崩れて下敷きになった、とかアリになってしまうと思うんですよね。
yamatsubame2018年08月24日

100銃騎士Cutie☆Bullet (エフォルダムソフト)
こんなに面白い作品は今までに見たことがない! → 長文感想(338)(3)
総プレイ時間 : 8h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レス最初は「まじで!」って思って見てみたら、完全にネタ評価で草
マジレスしてるやつがいるのも草
yamaneko8282018年08月22日

69抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? (Qruppo)
道徳的に世界観を受け入れることが出来なかった。個人的に、かなり人を選ぶゲームだと思う。 → 長文感想(1383)(ネタバレ注意)(5)
最新レス私はこのゲームをプレイしていないのですが
タイトルからしておかしな世界感が繰り広げられることは明白であるからして
それを無視して良シナリオを求めて買うのは、それ買い物が下手なのでしょう

ここではシナリオが良いという感想を確かに多く見ますけども
それは明確に示してあるおかしな世界観を受け入れた上での話しということなのではないかと
decisive2018年08月19日

69抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? (Qruppo)
道徳的に世界観を受け入れることが出来なかった。個人的に、かなり人を選ぶゲームだと思う。 → 長文感想(1383)(ネタバレ注意)(5)
最新レスコメントありがとうございます。

hello123さんへ
外に出てといわれても私はニートではありませんし自営業でも警備員でもありませんが、何と言いますか、物語はある程度の現実性があり世界観に埋没できるものだと思います。
どのような小説もフィクションですが(ノンフィクションを除き)、和名が大量に出てきた作品の舞台が、実は外国だった、みたいなオチはないでしょう。
何といいますか、設定を丁寧に説明してもらえないと、その設定に入り込むことが出来ないのです。
そもそも条例という言葉を使っているのですから、定義された意味を超えて安易に用いられますと、勉強してきた身としては拒絶反応を起こしますし、いくらフィクションといわれても限界があるように感じるのです。

詳しくは述べませんが、もし「憲法の保障する自由権を侵害できる条例が可決できる」として上でこの条例が存在するとすれば、それは民主主義や司法権もろもろが全て瓦解した状態で、国としての機能基盤が破壊されているので、全てのシステム何らかの技術が段階を上げなければ、国として存立が不可能な状態です。
これを認めてしまえば、全ての異常現象が正常になり、どのような人間ドラマにも、私からすれば、なんら心を揺さぶれることが無いのです。

まあ再三述べているようにこの文章は私の感じたことで、賛否両論あるゲームだと思いますので、色々意見があってしかるべきではないでしょうか。
ただ、私はニートではありません。ここは、はっきりと。

narukamirenさんへ
おおむね仰る通りだと思います。
作り込みが薄いため、本来リアルであるはずの家族愛やモラル破壊が頭に入って来ませんでしたね。
男性の数が激減した、あたりかと思ったのですが、おそらく、避妊薬を飲んでいる時点で少子化対策に繋がらないと製作陣側が考えたのでしょう。
ここは、ある意味ファインプレーだったように思います。

エロも中途半端可能性もありますし(私はあまり拘りがないので)、シナリオが良いゲームを期待しますと、肩透かしに終わりますね。
ほぼ同意見です。
ありがとうございます。
yamatsubame2018年08月19日

69抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? (Qruppo)
道徳的に世界観を受け入れることが出来なかった。個人的に、かなり人を選ぶゲームだと思う。 → 長文感想(1383)(ネタバレ注意)(5)
最新レス確かにこんな破天荒な島を描くには、設定不足だと思うけどね。
出生率の低下といっても、島の出生率が低下した程度なら、若者は都会にいくだろうし、家族愛とか、そこんところのモラルの破壊も作りこみが薄い。

世界人口が半分になり、男性の数が激減した、くらいのことをしてくれないと納得はできないかな。

まあ、そこら辺をスルー出来ても、エロシーンが半端すぎる。
この倍は頑張れよ。
narukamiren2018年08月18日

69抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? (Qruppo)
道徳的に世界観を受け入れることが出来なかった。個人的に、かなり人を選ぶゲームだと思う。 → 長文感想(1383)(ネタバレ注意)(5)
最新レス舞台が日本となってるけど、憲法の保障する自由権を侵害できる条例が可決できる時点でフィクションの日本であることは明白なのに、非現実性を論じるとか頭大丈夫?
このゲームの現実性を論じる前に、ちゃんと外に出て現実の世界のことをもっとよく知った方がいいよ。
hello1232018年08月18日

最新レスどうなんでしょうね。
個人的に「真・恋姫†夢想 革命 蒼天の覇王」のラストは、綺麗に付け足したなあと思ってましたが、今作の方は・・・。
とはいえ、魏の方のラストも、あれは蛇足と言われれば、その考えも理解できたりはします。
さて、ラストの蜀はどう締めてくるやら。
getsu2018年08月16日

最新レス自分的にも、この二段目?は、一段目のシナリオの逆なんですよ
まだ思考中ですが、曹操が最後でああなるってのは他のにも影響してます。
孫呉編では「勝った側をどう消していくかを、ベつのキャラで穴埋め」の二段目です。
つまりはリメイクとは違い、幕間はキャラシナリオのお話を新キャラで
と、割り切れば(そう思わないと最後にアレでは・・ねぇ)なんとか

私個人はラストのシーンで「付け足されても、こうしか出て来ないんだなー」で終わり
真・恋姫は、三国同盟の頃が「平和の後の大変さ」を書いてましたね
ムリに続編で・・・三つ目もですかね?
htxdn0902018年08月15日

最新レスまあ、感想プレイもできないゲームだったら、50点はないわな。
銃騎士とか虫唾がはしるレベルで一桁台だし。
今作は同様に合わん。
再プレイしようとも思わんし。

「お前糞だから~」の人は、全然うまいこと言えてないから出直せ。
アンタの意見なんぞどうでもいいが、もっと適正な点数をつけろってことだろ。なんでそれがID云々になるのかね。
個人的な評価をつけているだけで、点数にまでごちゃごちゃ言われる筋合いはない、くらいでいいんじゃないの?
narukamiren2018年08月12日

69恋はそっと咲く花のように (ensemble)
本作が糞ゲーなら、何が良ゲーなのか、本当に知りたいです。追記(7/22:手術後の伊織とのセックスシーンについて、定番テンプレシーンについて。7/24:タイトルについて考察1。7/28:タイトルについて考察2。7/29:さなえの兄嫁の入院期間について。8/4:「ヒロインと同棲実感ボイス」について。8/10:出だしが × とのご指摘を受けて修正) → 長文感想(13279)(ネタバレ注意)(6)
総プレイ時間 : 45h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レスDain様へ

ご感想をいただき、ありがとうございます。
「ひょんなことからこの作品のページに流れ着き」の部分に、一番興味を引かれてしまったshiatoriです。「ひょんなことって何だよ」っていう、つかみはOKな出だしですよね。

はじめに、感想の出だしが良くないとのご指摘をいただき、感謝いたします。出だしの4段落で挫折しそうになってしまったとのこと、たいへん申し訳ございませんでした(*_ _)。

勿論、私は自分の長文傾向対策のために、「はじめに」から章立ててきちんと書くこともあるのですが、今回は、そもそも書く予定でなかったのに単に勢いで書きなぐってしまっただけなのと、初稿時は短かったのに後からどんどん追記していきましたから、とんでもないことに。

そのため、Dain様に何のお断りもなく申し訳ございませんが、新たな挫折者防止のため、少し手直しさせていただきました。とはいっても、初稿時の文章に戻しただけなんですけどね(^^;)。でも、章タイトルは付けさせていただきました。さすがに、きちんと全体構成を考えた上で書いてはいなかったので、「はじめに」とは書けませんでしたが。

ところで、Dain様は「昔を思い出しながら、楽しく拝読していました」とのことで、この一文から私は、暫くエロゲーから遠ざかっていたのではと、即座に感じとりました。実際に、Dain様のプロフィールを見ると、2013年以降、何も登録されていないことからも、裏付けられました。つまり、既にエロゲーはご卒業されてしまわれたのでしょうか? まぁ、この駄々下がりのエロゲー市場で、自分に合った新たな良作を見つけるのは、今や至難の業とも言えるのですが……。


さて、ここでちょっとご訂正させていただくと、私は、本作を擁護する目的で、この感想を書いたのではありません。そもそも69点の評価ですし、その理由も書いています。そのため、私が書かざるを得なかった衝動とは――Dain様が挫折しそうになった感想の冒頭に書いたことが全てなのですが――自分の感性が、もしかすると他人とはズレているのかもしれないという、偏執的な恐怖感から発したものなのです。

この恐怖感を払拭したいがための理由をこじつけて、心の平安を保つための賛同を得ようとしたのが、私がこの長文感想を書かざる得なかった理由であり、目的なのです。感想としてストーリーに殆ど言及していないのも、それが理由です。そのため、たいへん申し訳なく思うのですが、「この作品に対する愛」があるのかというと、実はそれほどでもありません(^^;)。

「この作品をこれほど掘り下げることができる人は、今後何人現れるでしょうか」と絶賛していただけて、本当に嬉しいのですが、掘り下げた理由が上記のとおりで、あまり褒められたものではないので、少々複雑な心境です。私の他の作品の感想も、みんなこんな感じですので、Dain様がお読みになられたら、悶絶してしまわれるかもしれません(笑)。

因みに、長文感想にかける時間ですが、どちらかというと、ゲームのプレイ中にメモしたり、調べたり、考えたりしている時間の方が圧倒的に多くて、他の方々の倍以上もプレイ時間がかかってしまっている元凶になっています。そのベースとなるバックグラウンドの膨大なメモがあるため、結果的に長文感想になりがちなのです。しかも、いくらメモっても、今回のように、何らかの衝動やテーマがないと書けないというオマケ付き。


ところで、もしDain様が本作をプレイすると仮定するのであれば、Dain様は過去『プリマ☆ステラ』に93点をつけて、高評価しておられますよね。私も大好きです――3回もプレイしました――本当に"アトリエかぐや"なのかというところも含めてネ! そのため、本作と比較検討しながらプレイしてみると、本作に対する別の評価軸が見出せるかもしれませんよ。

本作と『プリマ☆ステラ』は、比較すると色々と面白いのですが、ヒロインで考えると、本作でのプチお嬢様設定が、『プリマ☆ステラ』ではガチのお嬢様設定ですからね。私は、本作の若手女優である"宮音 沙希(みやね さき)"をプレイ中、『プリマ☆ステラ』のタレントでもある"高鷲 雅(たかす みやび)"を思い浮かべて――話の骨子は同じなので――"雅"はラストで綺麗さっぱり芸能界を引退したけれど、"沙希"はどういう決断を下すのだろうかとか、そんなことばかり考えてプレイしておりました。で、結果は……やってみてください(笑)。


最後に、タイトルについて。私の意見である「今のタイトルはコンセプトの後半部分である結婚を見据えていないから駄目」を受けて、「恋はそっと実る 果実のように」が良いのではとのご意見、なかなか面白いです。

ただ、このタイトルから受ける印象が、少々生々しいのが難点でしょうか。最初ぱっと見、エロゲーなので「恋が実ったので、果実を食っちゃいました」と解釈してしまいました。すみません、エロゲー脳なもので。また、基本的に結婚は"そっと"はしないものだろうから、「そっと実る」はおかしく感じるかもしれません。「実」の字が被っているのも、考慮が必要かもしれません。更に、キーワードである「花」をタイトルから外すと、根本的に作品を作り直さざるを得なくなりそうです。

また、私は、本作のコンセプトを支える補完機能として「淡いパステル調の色彩の絵柄」を挙げさせていただきました。これは、作り手側が発信した本作の根幹を成す世界観を示すイメージカラーだと思うのです。従って、このイメージを壊すようなタイトルは望ましくないと考えます。

その意味でいうと、恋は「仮想」で結婚は「現実」だと捉えると、この二律背反関係にある二つを、パステル調の淡い色彩で同居させようとしたところに、間違いがあったのではとも考えられます。やはり、一貫性というのは、大事だなって思ってしまう今日この頃です。


Sincerely yours,
shiratori
shiratori2018年08月11日

69恋はそっと咲く花のように (ensemble)
本作が糞ゲーなら、何が良ゲーなのか、本当に知りたいです。追記(7/22:手術後の伊織とのセックスシーンについて、定番テンプレシーンについて。7/24:タイトルについて考察1。7/28:タイトルについて考察2。7/29:さなえの兄嫁の入院期間について。8/4:「ヒロインと同棲実感ボイス」について。8/10:出だしが × とのご指摘を受けて修正) → 長文感想(13279)(ネタバレ注意)(6)
総プレイ時間 : 45h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レスあ、一つ忘れてました。
タイトルは、「恋はそっと実る 果実のように」として、ヒロインの花を果実の実る種類にしていたら、反響ももうちょっと違ったのかなと思います。素人考えですが。

<タイトルを変えたとき、考えられる効果>
①植物のサイクルを考えるなら、結婚と結びつくのは「実る」かなと。「恋が実る」とダブル・ミーニングも狙える。
②果実のイメージから、恋の「甘さ」や、二人の関係が結婚まで結びつく「成熟」を連想できる。
③実るには「実を結ぶ=願いが叶う」意味があり、普通の家族を欲するヒロインの願いが、主人公との結婚で叶う示唆となる。
Dain2018年08月10日

69恋はそっと咲く花のように (ensemble)
本作が糞ゲーなら、何が良ゲーなのか、本当に知りたいです。追記(7/22:手術後の伊織とのセックスシーンについて、定番テンプレシーンについて。7/24:タイトルについて考察1。7/28:タイトルについて考察2。7/29:さなえの兄嫁の入院期間について。8/4:「ヒロインと同棲実感ボイス」について。8/10:出だしが × とのご指摘を受けて修正) → 長文感想(13279)(ネタバレ注意)(6)
総プレイ時間 : 45h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レスひょんなことからこの作品のページに流れ着き、感想を読ませていただきました。これだけ熱く語ってもらえるのだから、この作品の制作者は幸せ者ですね。

私は長文を苦にしないので、昔を思い出しながら、楽しく拝読していました。私も昔、自分が気に入った作品の評価が思わしくなく、思わず擁護の長文を書いてしまったことがあったので、shiratoriさんの心情は理解できます。
shiratoriさんは長文を書くのがお好きのようですが、そうはいっても、これだけの量を書くとしたら、それなりに時間をかけてらっしゃるのではないでしょうか。その時間を想うだけでも、shiratoriさんのこの作品に対する愛が伝わってきました。
しかも、作品の構成やタイトルに関する考察の数々は、作品をプレイしていない私にも非常にわかりやすく、また、作品の要所を抑えているように思います。この作品をこれほど掘り下げることができる人は、今後何人現れるでしょうか。

唯一残念なのは、shiratoriさんの想いが伝わりづらい点です。「私は、当初、この作品の・・・」から4パラグラフは、作品の内容とは関係ない要素ですので、表題をつけて本題と区切ってはいかがでしょうか。
せっかく面白い考察なのに、考察にたどり着く前に、長文アレルギーの人が脱落してしまいそうです。(私も当初、4パラグラフ読み終わる前に離脱しかけました。)

例)
<初めに>
私は、当初、この作品の・・・

<本題>
さて、実際にプレイしてみて、本作が・・・

年寄りの冷や水とは思いますが。
この考察が、より多くの人の目に留まることを願って止みません。
Dain2018年08月09日

0真・恋姫†夢想 -革命- 蒼天の覇王 (BaseSon)
(GiveUp) 恋姫シリーズ未経験者はこれを買えばいい?とんでもない、未経験者はとてもついていけません → 長文感想(528)(1)
総プレイ時間 : 10h
最新レス真名などというのが必要な理由は、あくまで三国志とは別の独自のものだと著作権を主張する為と、それによって

日本版『三国志』に中国人が激怒?”文化的侵略”と騒動になった舞台ウラ
https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1124697/

こういう強圧を少しでも回避することが目的でしょう。
kuihgft2018年08月07日

69恋はそっと咲く花のように (ensemble)
本作が糞ゲーなら、何が良ゲーなのか、本当に知りたいです。追記(7/22:手術後の伊織とのセックスシーンについて、定番テンプレシーンについて。7/24:タイトルについて考察1。7/28:タイトルについて考察2。7/29:さなえの兄嫁の入院期間について。8/4:「ヒロインと同棲実感ボイス」について。8/10:出だしが × とのご指摘を受けて修正) → 長文感想(13279)(ネタバレ注意)(6)
総プレイ時間 : 45h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レス■投票および長文コメントにレスしていただいた方々へ

shiratoriです。

お返事が遅くなってしまい申し訳ございません。
まさか、次期ゲーム発売直前の閲覧閑散期の投稿に、感想をいただけるとは思ってもおりませんでしたので、自分の長文コメントへの修正と追加に没頭しておりました(笑)。一通り修正、追加をし終えたので、遅ればせながらお返事させていただきます。

tgl様
 簡潔・明瞭かの判断は人それぞれですが、そうなる様に書く習慣が勝手に身についているみたいです。特に私の文章は長いので。基本的に、自分向けに書いているので、自分が読んで楽しい読み物を目指しています。そのため、他の方々の読後感は、たいへん参考になります。


narukamiren様
 生粋のensemble信者と思われるnarukamiren様に、「そこまでクソゲーか~?っていうのは同意」と言われて、一安心のshiratoriです。

 「感想が長すぎ」。ごもっともです。でも、私の書きたいことを書こうとすると、自然とこの長さになってしまうのです。1つ前に感想を書いた『家の彼女』など、ロープライス作品なのに、12000字以上も書いてしまいました。どっちが作品なんだよっていうレベルですよね。

 今回は、フルプライス作品なのに、それより短いのですから、私にしたら、けっこう手抜きです。そのため、書き足りなくて、初回投稿時から、さらに4000字ほど、追加してしまいました(笑)。更に「長い長い」状態です。たいへん申し訳ないのですが、諦めてください。

 本サイトの投稿は、字数が一緒に表示されていますから、その時点で長さが判断できます。私は、基本的に短い字数の長文感想は見ません。だいたい、その方の言いたいことは一言感想で十分わかりますから。それで思い出しましたが、よく一言感想の字数と同じかそれ以下の字数の長文感想を投稿されている方がいますが、あれは何を意図しているのでしょうか? 拍手のかわりですかね。


tcpippppoe様
 クソゲー認定者さま御自らのご意見、待ってました! 謹んで拝読させていただきました。私のタイトル考察を、「名推理」だとのご託宣、本当にありがとうございます。本当は、「迷推理」と書こうとしたのではないかと、実は今でも疑っているのですが……。

 それにしても、tcpippppoe様のサマリーを見ると、生粋の暗黒ensemble信者じゃありませんか。一番、多く投稿したゲームのブランド(5件)であり、その付けた得点の平均が36点(うちGiveUp1件)、可愛さ余って憎さ百倍ってヤツですか~? 「好きなら好きっ!」って素直に言わないと、後で後悔しますよ~(笑)。

 ところで、「事実は知ってればすぐわかる」とのご託宣だったため、tcpippppoe様の追加記載を拝読させていただきました。本作のライター陣が全員参加した ensemble SWEET の『恋するお嬢様はエッチな花嫁』に記述された、
 「例えて言うならば枯れた大地にゆっくりと水が染みこむようなもの。
  水が少しずつ満たされ、やがてはその土地に大輪の花が咲くものではありませんか?」
が本作のタイトルの源流だとの貴重なご意見、確かに知らないと分かりませんよね。それよりも、よくクソゲーブランド認定作品の文章内容、覚えていられますね。あぁ、この作品は感想登録していないので、クソゲーではなかったのですか、もしかして。

 私は、これを読んで、ここでの「花」は誰かを指しているのではなく単なる記号としての「花」そのものであって、「花が咲く」は「恋」のメタファーであろうと思いました。それに触発されて、「タイトルについて考察2」を追記しました。ご興味がおありでしたら、見ていただけると幸いです。

ぜんぜん関係ありませんが、ユーザー名のtcpippppoeは「TCP/IP PPPoE」ですよね。ネットワーク関係が専門なのでしょうか?


以上、貴重なご感想をいただいた方々、ありがとうございました。
shiratori2018年07月29日

70サキュバス隷属調教 (ソフトエンプーサ(同人))
VIPER-GTSなんて誰も知らんだろうな・・・ → 長文感想(541)(ネタバレ注意)(1)
総プレイ時間 : 1h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レスPC-98のゲームでしたっけ?ManOuterMan2018年07月27日

69恋はそっと咲く花のように (ensemble)
本作が糞ゲーなら、何が良ゲーなのか、本当に知りたいです。追記(7/22:手術後の伊織とのセックスシーンについて、定番テンプレシーンについて。7/24:タイトルについて考察1。7/28:タイトルについて考察2。7/29:さなえの兄嫁の入院期間について。8/4:「ヒロインと同棲実感ボイス」について。8/10:出だしが × とのご指摘を受けて修正) → 長文感想(13279)(ネタバレ注意)(6)
総プレイ時間 : 45h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レスタイトル考察ですけど、名推理すぎますw
事実は知ってればすぐわかるので、私の長文コメントに書いておきました。
tcpippppoe2018年07月24日

69恋はそっと咲く花のように (ensemble)
本作が糞ゲーなら、何が良ゲーなのか、本当に知りたいです。追記(7/22:手術後の伊織とのセックスシーンについて、定番テンプレシーンについて。7/24:タイトルについて考察1。7/28:タイトルについて考察2。7/29:さなえの兄嫁の入院期間について。8/4:「ヒロインと同棲実感ボイス」について。8/10:出だしが × とのご指摘を受けて修正) → 長文感想(13279)(ネタバレ注意)(6)
総プレイ時間 : 45h / 面白くなってきた時間 : 1h
最新レスそこまでクソゲーか~?っていうのは同意なんですけどね。
長い長い。
ちょっと感想が長すぎて読みきれないです。
narukamiren2018年07月23日

79Summer Pockets(非18禁) (Key)
煩わしい事を忘れてただただ夢中になり駆け抜けた夏、忘れた頃にふと振り返ると輝かしい時間が過去にあって、そんな一夏に感じるノスタルジックな想いを形にした作品だった。全編一定程度のクオリティを保った安定感のある作品ではあるが、伏線等の処理よりもただ「泣かせるシチュエーション」に注力した作品なので、この作品を楽しめるかはいかにこの夏の雰囲気に浸れるかに依ると思う。いわゆる「雰囲気ゲー」としては完成度の高い作品だとは思うのだが、麻枝さんの言う「本当に泣ける作品」をサマポケが形に出来たかは正直微妙なところだと感じた。キャラの造形が今一歩だったり既視感漂う物語構成もそうなのだが、全ての根本としてキャラクター達の信念や心の叫びといったものが希薄で、読者を否応なしに巻き込むだけの力が足りなかったように思う。 → 長文感想(2980)(ネタバレ注意)(1)
最新レス≫shn217さん

投票コメントでご指摘いただき有難うございます。
手元のサントラ見直してみたら、挿入歌「紬の夏休み」の作詞をご担当されているハサマさんが紬√のライティング担当っぽいですね。プレイ中どうしても新島さんのキャラ像と自分の中で被ってしまって見落としておりました。他にもご不快な思いをさせてしまった方がいらっしゃいましたらすみません。
そもそも「サクラノ刻」に新島さんが参加されると知って苦手意識克服のためサマポケを手に取った側面もあったので、私にとって非常に有用なご指摘でした。情報提供本当に有難うございました。
エスト2018年07月16日

ログイン






検索