長文コメントへのレス

コメント
レスレスユーザーレスの更新日
--恋はそっと咲く花のように ~二人は永遠に寄り添っていく~ (ensemble)
本編と本作(アフター)が揃って、やっと一つの作品としての体を成すことが、改めて理解できました。やっぱり、両方合わせて70点前後が、妥当かな~。知らんけど。(4/21:個別アフター毎の感想を追記) → 長文感想(23772)(ネタバレ注意)(2)
総プレイ時間 : 42h
最新レスtcpippppoe様
私の疑問に、ご回答いただきありがとうございます。ご返事が遅くなりまして申し訳ございません。やっと、工事中だった個別アフターの感想を追記して、一区切りつきましたので、レスさせていただきます。

『お風呂で女子会 in 恋花』担当は、やはり無理がありましたか。本編体験版のおまけだからクレジットに名前が無くてもと思ったのですが、そんなわけないですよね、やっぱり。そうすると、クレジットに表示されたってことは、やはり桃ノ雑派さんは、ヒロイン六人のうち、一人は担当したってことなのかなぁ。本人が言う「ちょこっとだけお手伝い」の度合いが知りたいところですよね。

実のところ、長文感想を書きながら、私の疑問の回答をtcpippppoe様ならお持ちなのかなぁと想像はしていたのですが、世の中、そんなに甘くはないと。そう簡単に情報は入手できないってことですね。それにしても、アンチensemble信者らしく、今回も華麗に35点評価。ぶれないですねぇ(笑)。お見それいたしました。それでも、前回より5点アップしていますね。つまり、本編よりは出来が良かったとのご評価ですね。私もそれには同意いたします――無得点ですけど(笑)。

因みに、tcpippppoe様の考える「生きてて楽しい」と思わせる主人公像とは、どういったものなのか興味があります。内容は兎も角、いろいろ突っ込みどころ満載で、四万字もメモれたので、私は十分に楽しめました――無得点ですけど(笑)。
shiratori2019年04月23日

最新レスnyankoi3122019年04月14日

--恋はそっと咲く花のように ~二人は永遠に寄り添っていく~ (ensemble)
本編と本作(アフター)が揃って、やっと一つの作品としての体を成すことが、改めて理解できました。やっぱり、両方合わせて70点前後が、妥当かな~。知らんけど。(4/21:個別アフター毎の感想を追記) → 長文感想(23772)(ネタバレ注意)(2)
総プレイ時間 : 42h
最新レス> 桃ノ雑派さんは、個別ルートは担当していないか、担当したとしてもエッチシーンだけといった可能性があります。
> もしそうなら、私は、おまけゲームの『お風呂で女子会 in 恋花』ではないかと当たりをつけてみたのですが、実際はどうなのでしょう?

『お風呂で女子会』は本編体験版のクリア特典として、音声ドラマで配布されていたものです。
FDのボリュームを水増しするために、立ち絵をつけて流用したのでしょう。
本編で参加していなかった桃ノ雑派さんが『お風呂で女子会』を担当したとは考えにくいです。
tcpippppoe2019年04月14日

90アオナツライン (戯画)
悩むことやすれ違いも含めて最高の夏と呼べるような、決して綺麗な部分だけではない青春の描き方が魅力的でした。 → 長文感想(5300)(ネタバレ注意)(2)
最新レス>tglさん
コメントありがとうございます。
終わって少し時間が経った今でもかなり好きな作品なので、ちょっとでも魅力が伝わったのならとても嬉しいです。
nezumo2019年03月31日

90アオナツライン (戯画)
悩むことやすれ違いも含めて最高の夏と呼べるような、決して綺麗な部分だけではない青春の描き方が魅力的でした。 → 長文感想(5300)(ネタバレ注意)(2)
最新レス長文でも読みやすい上に、この作品に対する愛着と評価が感じ取れる感想でした。tgl2019年03月31日

80オタ姫凌虐サークル ~病み姫の男事情~ (ノアールソフト(NOIR))
性欲と承認欲求のモンスター・水城薫子を眺めるゲーム。cv.義仲愛の怪演が光る。主人公はセックスもするナレーターといった雰囲気で、珍しいプレイ感のゲームだった → 長文感想(1125)(ネタバレ注意)(2)
最新レスご丁寧に連絡ありがとうございます。
ネタバレ投票を取り消しました。
amoeboid2019年03月30日

69マブラヴ オルタネイティヴ (âge(age))
力量のあるスタッフが、ありったけの力を注いで作った作品。だが、成長物語と見せかけてそれを放棄した時点で、ただの説教ゲーになってしまった。(長文感想は文句ばっかりなので、ファンの方は覚悟してください) → 長文感想(2821)(ネタバレ注意)(7)
最新レス返信ありがとうございます。


 オルタって確か靖国神社の兵士の手記から着想を得たと聞きました。
確かに恋愛感情の話がメインなのか、そういう政治的・民族的思想の話がメインなのかは判断つきません。


……ただ1つ思うのは、結局この物語も描くテーマに限界があるというか、
「人間の命を犠牲にして語っているというより、キャラを消費して語っている」というふうに見えるんですよね。
創作物なんだから当たり前だと思われるかもしれせんが、
「死を語る割にはエロゲという、キャラゲーの範囲から抜け出せていない」という印象があります。
だから過酷な展開に見えるようで、ある種の「心地よさ」だったり「勇ましさ」を感じてしまい、
「まぁいいか」みたいな消費的な感想を持ってしまうんだと思います。
思想ではなく思想を語るキャラに依存している物語が、キャラを消費しながら語る、
というのはなんとも矛盾している気がします。


だから自分としては、
「この物語は恋愛、そして思想的な面の両方を描ききった。『だからこそ』この物語は失敗してまった。
効果的な演出のためとはいえ、葛藤やドラマを失くしてしまった。」
という一応の結論を抱いています。
(キャラの死ありきの思想というというのは、ずっとその死と向かい合うことが必要なはずなのに、最終的にそこを誤魔化してしまっている)
端的に言えば、もっとプレイヤーに苦しみを、誰かの死の重みを教えてほしかったですね……(自主的に冥夜の死を想い続けていますが)。

初クリア後にマブラヴにハマらなかった原因の正体はこれだったのかもしれませんねー。
批評的にはかなり興味深い作品ではありますが……。

 長々と書いてしまいましたが、お付き合いいただきありがとうございました。
エンダーのゲームについては少し興味がありますので、君望共々読む機会があるかもしれません。
それではまた。

狐面2019年03月30日

69マブラヴ オルタネイティヴ (âge(age))
力量のあるスタッフが、ありったけの力を注いで作った作品。だが、成長物語と見せかけてそれを放棄した時点で、ただの説教ゲーになってしまった。(長文感想は文句ばっかりなので、ファンの方は覚悟してください) → 長文感想(2821)(ネタバレ注意)(7)
最新レスそうですねぇ。「流れ作業の死」というのは僕もそうだと思います。
まりもちゃんに関してはかなりの衝撃があったんですけどね(見た目以外の話でも)。

敢えて考えるなら、
良く言えばアメリカの属国的に平和に腑抜けした現代日本ではなく、
旧き日本の誇りのような、
悪く言えば国粋主義的な価値観を押し出したかったのがメインで、最後のハーレム学園生活への帰還(しかも記憶喪失)は無理やり入れた出来の悪いハッピーエンドであって、そこはメインではない、という風には思います。個人的にはめちゃくちゃ蛇足だなと思いました。

純夏の恋愛感情云々は、あくまでもそういう国粋主義的価値観・世界観を語るための導入というか。
僕は、平和ボケした主人公(現代日本人)が過酷な世界でそこに同化していく(矯正されていく)、そして最後にはコミュニケーションを否定して、きちんと油断せず目の前の敵を倒す、という風に受け取ったので、まぁ僕向きじゃなかったね、ってなりました。

敵だと思って殺し合いをしていた宇宙人だけど、よくよくコミュニケーションをとってみたら解り合えた!赦し合えたよ!な話の方が好みだし、実際そういう作品のラストシーンを借りてきて、「解り合える、赦しあえる!? そんな甘いもんじゃない! 仲間の死を忘れたのか!」という方向に修正(?)しているわけなので、そういう主義・主張なんだろうなぁって。

ある種の共同体に所属して、共同体の利益のために皆で協力し、敵だとみなしたライバルを倒すというのは健全な形で発散できればいいけど、宗教戦争や国家間戦争のような流血沙汰を伴うようだとちょっとね、ってなっちゃいます。

それとも純夏の恋愛感情が本体で、国粋主義的価値観・世界観がサブなのかな?
そういうふうに受け取って再読すれば、また別のモノが見えてくるかもしれませんが、再読する気にはなれないので、これ以上は深まりませんw

マブラヴオルタの話はおいといて、僕個人はまぁ、「作者の主張のために物語を作る」のもアリかなとは思っています。
「プレイヤーの便宜をはかって、プレイヤーが喜ぶ事を第一に作るような作品」よりも、そういう作者の熱い魂・主張的なものは好きです。
「キャラの使い捨て」感が出ちゃうのは嫌いだけど、ストーリーの為に効果的な使い方ができるなら「キャラの死」もアリの立場です(これは文面を見る限り、狐面さんもそうだと思います)。
マブラヴオルタは、プレイヤーの支持も集めたわけですから万々歳じゃないかなと。
ただまー、僕には致命的なまでに合わなかったけどね。

まぁもし狐面さんさえ良かったら、オーソン・スコット・カードの「エンダーのゲーム」、「死者の代弁者」をお読みください。
それと、このオルタを比較するとまた見えてくるものがあると思います。もうお読みでしたらごめんなさい。
他にも僕が知らないだけで、下敷きになっているSF作品が幾つかあるかもしれません。

とりあえず議論は出尽くしたかなと思いますが、何かあればどうぞー。
なければここまでで。コメント、ありがとうございました。
fee2019年03月29日

80オタ姫凌虐サークル ~病み姫の男事情~ (ノアールソフト(NOIR))
性欲と承認欲求のモンスター・水城薫子を眺めるゲーム。cv.義仲愛の怪演が光る。主人公はセックスもするナレーターといった雰囲気で、珍しいプレイ感のゲームだった → 長文感想(1125)(ネタバレ注意)(2)
最新レスコメント失礼します。ネタバレのご指摘を受けたので、感想を変更しました。ご指摘ありがとうございます。rattan2019年03月29日

69マブラヴ オルタネイティヴ (âge(age))
力量のあるスタッフが、ありったけの力を注いで作った作品。だが、成長物語と見せかけてそれを放棄した時点で、ただの説教ゲーになってしまった。(長文感想は文句ばっかりなので、ファンの方は覚悟してください) → 長文感想(2821)(ネタバレ注意)(7)
最新レスコメント返信ありがとうございます。

おっしゃる「疲れた」という感想は、とても的確な表現だと思います。
(高尚なテーマかどうかはわかりませんが、「生ある者の責任」、みたいなものは言及されていた記憶があります)
自分も「お気に入りのキャラまで死んで、そこまで物語と付き合う必要があるのか?」という疑問がありますね……。
冥夜の死を悔やみ続けることがなければ、マブラヴに対する関心は消えていたでしょうし。
キャラを激しく消費することで盛り上げていた話だったので、エロゲでそれやると諸刃になるのはわかりきってますし。
こちらとしてはもっと物語の中で「あいつは死ぬべきじゃなかったんだあああああああ!!」
みたいな悲痛な叫びを描写してもらいたかったんすけどね。

むしろそういう感情がないと、「誰かの死を乗り越えていく物語」なんて、案外流れ作業になってしまって楽になっちゃいますし。
「別にいいか」という気にすらなってしまいます(現にこのゲームのEDがそうであるように)。
どうせならキャラの死を、もっと現実レベルにまで引き上げるほどの苦しみとして表現して欲しかったです。
(それが作中に無かったから、わざわざこちらの方から好きなキャラの死を悼まなければならない……)



 君望との大きな違いは、最後にプレイヤーの望みを叶えたか否か、プレイヤーを物語に繋ぎとめる何かを残したか否か、
そして、生ある人間の心の苦しみや葛藤を描き続けたか否か、だと思います。
(多分君望の方がシナリオとしてははるかに優れているのでしょう)
個人的には、マブラヴの「アンチプレイヤー」的なやり方に対してはどうしても抵抗ありますし、
「最後にハーレムに戻ったからって最初から元の世界はハーレムだったからプレイヤーに特に旨味ないだろ」とも思いますし、
とことんプレイヤーが喜ぶ方向とは逆に突き進んだ作品といえますね。


……(おそらく作中でテーマとして描かれていたであろう)「責務をもって仲間の死を乗り越えて生き続ける」ことも、最終的に純夏の恋愛感情で打ち消されてしまっていて……
で、そのテーマをプレイヤーに直接ぶつけようにも好きなキャラが死んだから知ったこっちゃなくて……
つまりプレイヤーにとっては見放してもいい物語なわけで……


……うーん、やっぱり何度考えても、批評を重ねても、「何がしたかったんだろ?」という感想しか出てこないです……。
名探偵失格です。







狐面2019年03月29日

69マブラヴ オルタネイティヴ (âge(age))
力量のあるスタッフが、ありったけの力を注いで作った作品。だが、成長物語と見せかけてそれを放棄した時点で、ただの説教ゲーになってしまった。(長文感想は文句ばっかりなので、ファンの方は覚悟してください) → 長文感想(2821)(ネタバレ注意)(7)
最新レス狐面さん、コメントありがとうございます。

もう「マブラヴオルタ」のプレイが13年前(かな?)なので、うろ覚えの記憶を引っ張り出す事しかできませんが、BETAの親玉は結局吹き飛ばして終わりだったような……
(それも一瞬躊躇した白銀武がファンから相当叩かれまくっていたような)。違いましたっけ……?

マブラヴは端的に言って、【疲れました】、本当に。やっていて爽快感がないんです。
それはBETAの造形的グロさややっていて救いのない感じがそうなのかもしれません。
特段嫌う要素が少なそうな「進撃の巨人」(マブラヴからヒントを得た漫画:僕はアニメを見ました)も読んでいて「しんどいな~~~!!」って感じでしたし、
ジャンル違いですが、イギリス海洋小説アリステア・マクリーンの「女王陛下のユリシーズ号」など、絶望的な状況で規律の取れた人間が、自己犠牲の美しさを見せ死んでいくようなタイプの作品は、「しんどいな~~~~!!」しか感じられない、貧弱な感性の持ち主なのかもしれません。
右翼的な(というか、個人の自由・生命<みんなの幸福優先。みんなの幸福というのは、1つの基地を守ったとかそんなレベル)を強要させられるのもキッツかったし。


もうね、理屈以前に【疲れた】んですよ。やってて気が滅入るだけだったんです。
やってて気が滅入る内容でも、何か高尚なテーマがあればOKなんですが、
あまり見当たらないでしょ?(僕が見つけられていないだけかもですが)

世界観の細部はバッチリできているので、そういう意味での『雑さ』は少ないとは思います。

「君望がOKでマブラヴがダメ」な部分は多数ありますが、
まず「君望」はあくまで恋愛の物語なので、「やっていてつらいな~」と思える部分も、主人公やヒロイン、ヒロインの親族まで様々なキャラクターの心の痛みがよく描けていて「悲しいなぁ、辛いなぁ」という感じでして、『絶望しかない』感じではないんです。
(ごく一部、本当にしんどい愛美ルートも存在しますが)、メインルートをやっている限りは、『強制された条件でのつらさ・しんどさ』という色合いよりも、
『魅力的で断ち切りがたい複数の絆
(二股と言っちゃえば身も蓋もない)』のうち1つを断ち切らないといけない辛さ。
『しんどいけど、振り返ればこの時代が孝之君の青春だったんだな!』と思えるような、決してネガティブなだけじゃない瞬間を、第2章の孝之君は生きたと思います。
オルタ世界の武君にはとてもそうは言ってあげられないけど。

君望は鬱ゲー、とよく言われますが、孝之君のあの夏の恋愛地獄絵図は、
むしろ10年ぐらい後には関係者それぞれの中で良い思い出になっていそう。
直接捨てられたヒロインだけは、引きずっちゃうかもしれないけどね……。

また、以前『恋愛』として『どんな女の子に惹かれるか』として考えた時は涼宮遙ちゃんが大好き(それは今でも変わらない)だったけど、
『結婚』の事も意識する年齢になった時、
自分は遙よりも速瀬水月ちゃんを選んだ方が、結婚相手としては幸せな家庭が作れるんじゃないかと思うようになりました。
これは他のゲームでもそうかもしれませんが、プレイした時の年齢によって評価が変わる(それも悪い方向にではない)というのも、『君望』が名作だなぁと感じる理由の1つです。


「マブラヴオルタ」を純夏の失恋によるループとして捉え、これも一つの『女の妄執』ものととらえれば、age自体が描いているテーマは案外似通っているのかもしれませんが、デコレーションの仕方は全く別物です。
『君望』はあくまでも恋愛ドラマで、軍隊戦争モノのマブラヴとは外観が全く違います。
僕は「君望」のデコレーションなら大喜びで食べられたけど、「マブラヴ」のデコレーションではしんどく感じました。

(余談)
基本、キャラが死ぬのは別にアリだと思っている僕だけど、
「マブラヴオルタ」では君望に出てくる水月や遙まで殺してたような……。
マブラヴ内で一番好きだった彩峰ちゃんが死んだのは許容できるけど、何も他作品から借りてきたゲストキャラまで殺さなくても……。

まぁ、あれです。次はお互いにとって楽しいゲームに出会えるといいですね!
fee2019年03月28日

69マブラヴ オルタネイティヴ (âge(age))
力量のあるスタッフが、ありったけの力を注いで作った作品。だが、成長物語と見せかけてそれを放棄した時点で、ただの説教ゲーになってしまった。(長文感想は文句ばっかりなので、ファンの方は覚悟してください) → 長文感想(2821)(ネタバレ注意)(7)
最新レスそうですね……「相互理解」自体は、実はマブラヴ作中でも度々言及はされていたんですよ。
例えば最終作戦でのBETAの親玉との交信や、人類同士のいがみ合いの解消などについては、むしろ肯定的な描き方はされていました。
なので、feeさんが仰るほどには排他的な話でもないのかなとは思います。
(右翼的な思想が大嫌いな自分でもクーデター編とか好きですし。まぁあれはキャラのおかげですけど)

 ただ、この物語のいやらしいところは、プレイヤーや主人公に最後まで「手綱」を握らせなかったことだと思います。
実はここが君望と大きく違うところなんじゃないかなぁと思います(未プレイの分際ですが)。
マブラヴって「あれが原因でこうなる」という因果関係はしっかりしてるので、その分整合性についてはケチをつけるのも難しい作品なんですよ。
だから「物語としては筋は通っているが感情的には納得できない」という感想が残るんですよね……。


 実は2年ほど前にオルタ二週目をプレイしたんですが、自分でも意外なくらい初プレイ時と感想が同じだったんですよ。
「面白かったしハッピーな感じなEDだけど結局何だったんだこの話」という。
プレイヤーにいろいろ喧嘩売ってる反面、「まぁいいや」で済ませられる結末でもあります。

……ただ問題なのは、自分のように「冥夜が超絶好き」みたいな死んだキャラの大ファンな人間ですね。
こういう人間にとってはマブラヴはもう、気に入らないを100乗したような作品なんですねぇ……(実際10年以上愚痴ってますし)。


……まぁ逆にこういう感情でもないと、マブラヴって意外と忘れられやすい物語なのかなぁとも思います。
「相互理解」「女の嫉妬」「自己犠牲の精神や信念」、これらがあんまり自分には刺さらないんですよね……。
だから作中でバンバン死んだり過酷な展開が続く割には、結構客観的な目で見てしまうっていう……。
あの消化試合感の正体は、「死を乗り越えられる前提」のせいなんでしょうかねぇ……。


 でもどうなんでしょう、feeさんが君望の大ファンでいらっしゃるのは知っていますが、
戦争云々な要素を除けば、やはりマブラヴは君望に通じるものがあるということでしょうか?
君望がOKでマブラヴがダメだというところに、どういう差異があるんでしょうか?

狐面2019年03月28日

69マブラヴ オルタネイティヴ (âge(age))
力量のあるスタッフが、ありったけの力を注いで作った作品。だが、成長物語と見せかけてそれを放棄した時点で、ただの説教ゲーになってしまった。(長文感想は文句ばっかりなので、ファンの方は覚悟してください) → 長文感想(2821)(ネタバレ注意)(7)
最新レスご無沙汰しております。
このレビューを投稿した時には気づかなかったオーソン・スコット・カード著の「エンダーのゲーム」ラストシーンのパク……改悪……いえ、改変シーンなども考え合わせると、ますますこの作品の製作者とは考え方が合わないな、と感じている今日この頃です。

オーソン・スコット・カード著の「エンダーのゲーム」、そして続編の「死者の代弁者」では、ラスト、不幸なすれ違いから戦争に発展した宇宙人との戦いの果てに、エンダーは文化によってそれぞれのコミュニケーション方法が違うということ、一見地球人にとって有害な・攻撃的な振る舞いでも、そうではない場合もあるんだという事を学びました。
エンダーは最後に残された戦争孤児の宇宙人を守り、安全な大地へと還すため、新たな地を求めて旅立ちます。
異文化の持ち主とも、心を通わせれば分かり合えるんだ、というのはお花畑な考え方かもしれませんが、そんなスコット・カードの作品は僕の琴線に触れるものがあります。

一方、「マブラヴオルタネイティヴ」は完全に同じシチュエーションを作った上で、「コミュニケーションなんて取っている場合じゃない。殺せ。仲間の死を忘れたのか」と、「エンダーのゲーム」のラストシーンの意味合いを『殺戮』の方向へと塗り替えています。
これはこれで、世知辛い戦場のリアリズムではあるのでしょう。
あるのでしょうが……個人的にはスコット・カードの信じる、異文化人と解り合えた感動のようなものに比べると、ただただサツバツとした気持ちにさせられました。

「エンダーのゲーム」のテーマを上塗りしてまで伝えたかった事がこれなのか……。
「異文化を理解しようと思う心の素晴らしさ」よりも、「理解できないものは殺してしまえ」を取ったのか。それも、全く同じシーンをトレースしてまで。
なんだか、とても汚された気持ちがしました。その一点をとっても、僕がマブラヴオルタを好きになる事はないでしょう。


/狐面さんのレビューもさっそく読ませていただきましたが、基本的に同意ですねぇ。
純夏のワガママ(失恋の辛さ)から、武をループ世界に巻き込んだだけで、
武自身が成長(ベータ世界に適応)する必要はなく、いいとばっちりでしたね。
記憶も消されてしまっては、成長したとも言えません。

個人的には『恋愛って怖いんだよ』『女の妄執って怖いんだよ』という
「君が望む永遠」から続く路線を、異世界の怪物を使って表現した作品、かな?
というふうに思っています。
『School Days』のように、当事者同士が殺し合うようなスタイルではなく、宇宙人を召喚してきたあたりに新味があった、のかもしれません。
fee2019年03月27日

69マブラヴ オルタネイティヴ (âge(age))
力量のあるスタッフが、ありったけの力を注いで作った作品。だが、成長物語と見せかけてそれを放棄した時点で、ただの説教ゲーになってしまった。(長文感想は文句ばっかりなので、ファンの方は覚悟してください) → 長文感想(2821)(ネタバレ注意)(7)
最新レス今更ながら性懲りもなく駄レビューを上げさせて頂きました。
宜しければ読んでやってください。
https://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=4286&uid=%E7%8B%90%E9%9D%A2
狐面2019年03月27日

80シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~ (Azurite)
続きが常に気になる展開で面白かったです。後は真犯人が意外だったのが良かった、推理できるようなものではないけど、それでも背景とかキャラだけでこういうゲームだと真犯人って大体予想つくものですから。普通の推理物として見なければ超展開って訳でもないし、その範囲で意外な展開というだけでやる価値がありました。 → 長文感想(510)(ネタバレ注意)(1)
最新レス今更かもしれませんが、偶々見かけたのでコメント
ヒント:英語
ヒント②:部分的に読む
soulfeeler3162019年03月15日

最新レス訂正。六華ちゃんではなく立華ちゃんでしたね。shinebaiineomae2019年03月03日

70装煌聖姫イースフィア ~淫虐の洗脳改造~ (pin-point(同人))
概ね期待通りではあったが、イースフィアは越えられなかった。豚鼻ふごふごはヒマリもっと頑張ってほしかったや → 長文感想(637)(ネタバレ注意)(2)
最新レスおそらく書き間違いで、エレメンティアの事だと思います。Atora2019年02月25日

95雲上のフェアリーテイル (COSMIC CUTE)
それで、よかった。 → 長文感想(63)(ネタバレ注意)(1)
総プレイ時間 : 22h / 面白くなってきた時間 : 7h
最新レス真琴を書き間違えました。dcmyslove2019年02月25日

70装煌聖姫イースフィア ~淫虐の洗脳改造~ (pin-point(同人))
概ね期待通りではあったが、イースフィアは越えられなかった。豚鼻ふごふごはヒマリもっと頑張ってほしかったや → 長文感想(637)(ネタバレ注意)(2)
最新レスイースフィアのページでイースフィアを超えられないってどういうこと?ピーナッツ2019年02月24日

最新レス>>SiamShadeさん

まさかSMEE作品で睡眠導入されるとはというショックが結構大きいですね
過去数作を見ても手放しに飛びついても問題はない数少ない安牌だと思っていた
だけに非常に残念です
morufa2019年02月14日

最新レス共通寝るよね。これ。
SiamShade2019年02月14日

最新レス由岐=卓司=皆守なんですkaito0072019年02月11日

79Sugar*Style (SMEE)
カウントダウンの頃から感じてましたが、ボイスの音質悪くないですか?気のせい? → 長文感想(21)(ネタバレ注意)(1)
最新レス声の録音悪い気がする・・・・
SiamShade2019年02月05日

78さくら、もゆ。 -as the Night's, Reincarnation- (FAVORITE)
関係性を大切に描かれた少し複雑で素敵な作品。テキストに関して少々くどいと感じる場面が多々あったり、キャラクターの行動に納得いかないこともあったが、√自体そこまで悪いと思うものはなかった。中には涙を流し続けるほど感動した話もあり、満足度は高い。 → 長文感想(4672)(ネタバレ注意)(2)
総プレイ時間 : 26h
最新レス誤字訂正ありがとうございます。asteryukari2019年02月03日

78さくら、もゆ。 -as the Night's, Reincarnation- (FAVORITE)
関係性を大切に描かれた少し複雑で素敵な作品。テキストに関して少々くどいと感じる場面が多々あったり、キャラクターの行動に納得いかないこともあったが、√自体そこまで悪いと思うものはなかった。中には涙を流し続けるほど感動した話もあり、満足度は高い。 → 長文感想(4672)(ネタバレ注意)(2)
総プレイ時間 : 26h
最新レスぼくの夢は母さんを助ける正義の味方になることことだnoknewrin2019年02月03日

70Sugar*Style (SMEE)
主人公の劣化でいつものSMEEとは言えない作品 → 長文感想(737)(1)
総プレイ時間 : 25h
最新レスtgl2019年01月31日

最新レスほぼ毎月お世話になっているメーカーなので、今後のタイトルのクオリティが少しでも良くなればいいなと。Fatman2019年01月30日

最新レス>盗み見や見せつけ等々の主人公視点のHシチュで、なんでCGが普通のエロゲと同じヤッてる男視点(or神視点)なんだよ。
うわぁなんつーアホな事してるんだ。頭おかしいな制作陣
naicufnoc2019年01月30日

最新レスめちゃくちゃちんちん言うじゃん
笑う
Amane2019年01月30日

50Sugar*Style (SMEE)
今までの作品と比べると格落ちな印象 → 長文感想(313)(1)
総プレイ時間 : 18h
最新レスこの感想で50点。多すぎじゃない・・・・・

皆さん、いつものSMEEじゃない的な意見がありますが、
ルームアクションだけはいつものSMEEです。
主人公もあそこだけはいつもの主人公です。
SiamShade2019年01月29日

最新レスすかぢさんのシナリオは飛躍が多すぎて私も好きではありません。人気の高い作品ではありますが、合わない人には合わないんじゃないでしょうか。ManOuterMan2019年01月29日

最新レス由岐=卓司=皆守なんです。最後までやって下さい。人格同士で戦う話です。元ネタは映画ファイトクラブとアイデンティティー。kaito0072019年01月29日

65將姫 (C’s ware)
DLsiteのクリスマスキャンペーンで購入したソフト1 → 長文感想(574)(ネタバレ注意)(1)
総プレイ時間 : 5h
最新レス相手のイカサマが凶悪でした。ManOuterMan2018年12月31日

5Fate/stay night [Realta Nua](PS2)(非18禁) (角川書店)
(GiveUp) プロレベルの話ではない → 長文感想(654)(ネタバレ注意)(2)
総プレイ時間 : 10h
最新レス>仮にも「プロ」
仮にも何も、既に莫大な利益を上げているんだからw
naicufnoc2018年12月27日

最新レスここに居ますよ?
3人の~よりは、しっかりしている造り
htxdn0902018年12月24日

5Fate/stay night [Realta Nua](PS2)(非18禁) (角川書店)
(GiveUp) プロレベルの話ではない → 長文感想(654)(ネタバレ注意)(2)
総プレイ時間 : 10h
最新レスは?henryknackered2018年12月23日

最新レス他でも述べましたが、
相手が大人か子供かの違いだけ。
それだけ幅をブランドが決めてる前提ですよ。
過去の作品からの教訓です。人それぞれ
htxdn0902018年12月16日

最新レス明らかに体験版しかやってないとわかる内容で笑える。アペイリアが偶然開発されたものじゃないことや、三羽がアメリカに滞在したことがないことは中盤から終盤で分かるはずだし、OP以降はアペイリアが世界に莫大な影響を与えるかもしれないとかいう次元の話じゃなくなる。
そもそも「タイムリープで問題を解決しようとした」シュタゲと、「タイムリープそのものを解決しようとした」アペイリアじゃタイムリープへのアプローチが別物過ぎるんだよなぁ。SFとしても、とりあえず科学用語を使ってればいいと考えてたシュタゲなんて目じゃないぐらいハードな設定だったし。
ぶっちゃけシュタゲ自体がバタフライエフェクトって映画のパクリで、それをオタク向けのキャラと設定で覆い隠してた作品だからな。
rionrionrion2018年12月16日

最新レスちゃんとブランドの方向性をみたまえnoknewrin2018年12月15日

88もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
あ、、、、、、終わっちゃった。1クリックごとに湧き上がってくる『早く次が読みたい、続きを知りたい』という衝動。1振りごとに1マスごとにその地の宿命や個々人の戒や思惑その面のルール等々が複雑に交錯して、次から次へと新しい展開が繰り広げられ新しい面白さを創造していく。止めどころを見つけるのも困難な息もつかせぬ双六バトルに一喜一憂するままに、ものすごい勢いでページを繰り続け、あっという間にエンディングまで辿り着いてしまいました。シンプルな面白さを提供してくれる作品としては出色の出来ではないでしょうか。長文感想は―タイトルについて―と―内容について―と―鬼無水みさきについて―とを分けて書いてみました。ご興味のある所だけでもご高覧いただければ幸いです。 → 長文感想(2909)(ネタバレ注意)(2)
最新レスはい、好きです!
(ゆず作品のプレイ本数とつけた点数から目を逸らしながら)

私がこの作品を楽しんだことが感想から伝わったのでしたら
書いた甲斐があったというものです

お読みいただき、ありがとうございました!
cyokin10w2018年12月09日

88もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
あ、、、、、、終わっちゃった。1クリックごとに湧き上がってくる『早く次が読みたい、続きを知りたい』という衝動。1振りごとに1マスごとにその地の宿命や個々人の戒や思惑その面のルール等々が複雑に交錯して、次から次へと新しい展開が繰り広げられ新しい面白さを創造していく。止めどころを見つけるのも困難な息もつかせぬ双六バトルに一喜一憂するままに、ものすごい勢いでページを繰り続け、あっという間にエンディングまで辿り着いてしまいました。シンプルな面白さを提供してくれる作品としては出色の出来ではないでしょうか。長文感想は―タイトルについて―と―内容について―と―鬼無水みさきについて―とを分けて書いてみました。ご興味のある所だけでもご高覧いただければ幸いです。 → 長文感想(2909)(ネタバレ注意)(2)
最新レス正直ここまで純粋にこのゲームを楽しめるところがうらやましい
ゆずソフトとか好きでしょ
noknewrin2018年12月08日

最新レス俺みたいにシナリオ部分はスキップして日常会話部分だけ見てればそう悪くはないよ
ただ無駄が多いなとは思うけどね
noknewrin2018年12月08日

90まいてつ (Lose)
鉄道が趣味の「まいてつ」にまで廃れた時代の、鉄道復興を目指す物語。 → 長文感想(1529)(ネタバレ注意)(1)
最新レス同じ男なのに理解できない奴の典型noknewrin2018年12月08日

85封緘のグラセスタ (エウシュリー)
作業感は否めないが、シナリオは純粋に楽しめた → 長文感想(1040)(ネタバレ注意)(1)
総プレイ時間 : 35h / 面白くなってきた時間 : 16h
最新レス>エンカウント無効のアイテム
装飾品(足)の『忍足』の装備スキル「忍び足」があれば、迷宮内のランダムエンカウントがOFFになります。(さすがにシンボル接触の戦闘は無効にできませんが)
『忍足』は無頼の水道/2区画の気流越えた先にある宝箱から入手可能。【12/6 コメント訂正】
※無頼の水道:ペイロのイベントを進めるといけるようになるMAP。
emiy2018年12月04日

最新レスわかるけどこの120%ネタでしかないタイトル込みでこの内容だからこその面白さがあって、当然作り手・売り手もそこを意識していると思います。
例えば「No Sex,No Life」とかいうタイトルだったら面白くも何とも無いですし。
kusakusa2018年12月01日

最新レスわかるnoknewrin2018年11月26日

73Deep One -ディープワン- (Nameless)
―――俺は奇跡(笑)を起こす義務がある―――文字通り奇跡()を起こし、その名を業界内へと知らしめた。ヒロインのHシーンなし、分割に関しては点数には入れていません。 → 長文感想(11260)(ネタバレ注意)(3)
最新レスあと、亜希の魔導書は元々休眠型ですよ。傀儡型に遷移したのは侵されて人格が崩壊した時。rionrionrion2018年11月21日

73Deep One -ディープワン- (Nameless)
―――俺は奇跡(笑)を起こす義務がある―――文字通り奇跡()を起こし、その名を業界内へと知らしめた。ヒロインのHシーンなし、分割に関しては点数には入れていません。 → 長文感想(11260)(ネタバレ注意)(3)
最新レスこのゲームのレビューで一番しっかりした内容で面白かった。rionrionrion2018年11月21日

80Deep One -ディープワン- (Nameless)
期待しすぎた人には正直期待はずれだったかとは思う → 長文感想(343)(ネタバレ注意)(1)
総プレイ時間 : 20h
最新レス皆さんこの人のプロフ見て下さいnoknewrin2018年11月18日

最新レスすんごいわろたw
なんて正直でかっこいい人なんだ
Bear112018年11月14日

ログイン






検索