ユメミル

amazon
中央値71
標準偏差10
データ数41
総データ数76
総ユーザー数45
期間2019-05-31 ~ 2019-05-31

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
1 amazon ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- 2019-05-31 71 10 43 20

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1000
90~990
80~897
70~7921
60~6910
50~595
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

コメント

75ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- (ユメミル)
ぜんいんガイジでおもしろかった。あとけっこうえろかった。
総プレイ時間 : 20h
71ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- (ユメミル)
主要なストーリーが進行するメインシナリオと、世界各国の文学作品をモチーフにしたストーリーが進行するサブシナリオがあり、メインの方は綺麗なハッピーエンドで締めくくられていて他の方も言うように読後感は良い。一方、期待していたサブシナリオの方は面白さに差が感じられてしまった。作者、物語、登場人物の3つの関係性の描き方が良かった「怪盗紳士ルパン」、お茶会、クロッケー、裁判など原作要素が一番多かった「不思議の国のアリス」は良い出来だったが、他の作品に関してはシナリオに投げやり感がある。
総プレイ時間 : 15h
85ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- (ユメミル)
「ハッピーエンドをつくりに行こう!」のフレーズに偽りなし。これほど読後感の良いエロゲも珍しいですね
--ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- (ユメミル)
まだプレイ中だけど、テキスト重い、スキップもカクカクでイライラする
70ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- (ユメミル)
読後感は悪くないが、シナリオの大部分は生煮え。主人公が語り手に対して行う欠片の説得力もない口出しが、読み手の無責任さを象徴しており、読んでいる最中は激しい自己嫌悪に苛まれた。反面教師としての教材と考えるならば価値ある一作なのかもしれない。
総プレイ時間 : 22h
73ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- (ユメミル)
たくさんのキャラクターがいて好みの子は確実に見つけられるかもしれない → 長文感想(1094)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 17h / 面白くなってきた時間 : 1h
50ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- (ユメミル)
設定は面白そうなのに話が致命的なまでにつまらない。やってて何度か寝落ちしかけたのは久しぶり → 長文感想(179)(ネタバレ注意)
70ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- (ユメミル)
グラフィックは素晴らしいのだが、それ以外が杜撰。不要な部分を膨らませるのだけは抑えてほしかったかなと思う。ただ、ヒロインは好きになれる娘が何人かいたのでこんなものかなと。 → 長文感想(1026)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 15h
85ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- (ユメミル)
とにかくもっとボリュームが欲しかった → 長文感想(250)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 2h
72ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- (ユメミル)
「しあわせは歩いてこない だから歩いてゆくんだね」ロールプレイを義務付けられながらも幸せを求めて生きる人たちと紡いだお話。“物語”ではなく“物語世界”に焦点を当てたものだという理解が必要かと。一本道のシナリオ+サイドストーリーという構成で、テイルしか見えない純情さん以外はサイドストーリーを拾いながら進行するのが吉。 → 長文感想(2287)(ネタバレ注意)

レビューサイト一覧

  1. 75点 ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- : ねこの駐屯地 (__)
  1. 75点 ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- : ねこの駐屯地 (__)

ログイン






検索

各種情報変更