ANAGRAM

dmm
中央値70
標準偏差16
データ数53
総データ数84
総ユーザー数31
期間2018-08-31 ~ 2019-04-05

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
4 dmm 誰も知らない天体への涙 R18番外編2巻 2019-04-05 80 8 4
3 dlsite 誰も知らない天体への涙 本編2巻(非18禁) 2019-01-04 60 18 15
2 dmm 誰も知らない天体への涙 R18番外編1巻 2018-10-05 75 11 11
1 dlsite 誰も知らない天体への涙 本編1巻(非18禁) 2018-08-31 68 15 26

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1000
90~992
80~8911
70~7917
60~6911
50~5911
40~491
30~391
20~291
10~191
0~90

コメント

37誰も知らない天体への涙 本編2巻(非18禁) (ANAGRAM)
PLAY時間は22分33秒。ダウンロード販売使用。有料体験版パート2。本編1とまるっきり現状では関係がない別ゲームでしかないので、評価どころかここだけでは「論外」でしかない。何よりも、主人公。 → 長文感想(846)(ネタバレ注意)
58誰も知らない天体への涙 本編1巻(非18禁) (ANAGRAM)
PLAY時間は34分52秒。ダウンロード販売使用。続きが気になるかというならば、一応YESだと言うだろう。単なる有料体験版じゃないかいうならば、それもYESだと答えるだろう。みじっかいよさすがに。 → 長文感想(385)(ネタバレ注意)
70誰も知らない天体への涙 R18番外編2巻 (ANAGRAM)
今までと比べ値段が2倍(1,000円+税)だが、ボリュームも増え、山場や伏線も多く、ようやくエンジンがかかった印象。R18は番外編ということだが、本編だけ追っても意味不明になるのでは?本編と番外編に分けていること自体に、何か仕掛けがあると面白いのだが。 → 長文感想(310)(ネタバレ注意)
面白くなってきた時間 : 1h
76誰も知らない天体への涙 本編2巻(非18禁) (ANAGRAM)
前作とのつながりが不明であり雰囲気も大きく異なっていた。 → 長文感想(43)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 1h / 面白くなってきた時間 : 1h
78誰も知らない天体への涙 R18番外編1巻 (ANAGRAM)
前作の設定どおりに物語は展開されていた → 長文感想(65)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 1h / 面白くなってきた時間 : 1h
79誰も知らない天体への涙 本編1巻(非18禁) (ANAGRAM)
やや硬めのテキストと短い分量 → 長文感想(43)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 1h / 面白くなってきた時間 : 1h
50誰も知らない天体への涙 R18番外編1巻 (ANAGRAM)
本編1巻のようなギミックは特に無し。読後も特に思うこともなく。キャラの関係性を楽しむことができるので、そういうのが好きなら、まあ。
50誰も知らない天体への涙 本編2巻(非18禁) (ANAGRAM)
15分程度。一巻とは雰囲気がガラッと変わるが、まだなにもわからない。ここからどのような展開になっていくやら。
50誰も知らない天体への涙 本編1巻(非18禁) (ANAGRAM)
10分程度で終了。まだ序盤なので何もわからないですね。ChronoBoxのような衝撃を与えてくれることを望みます。
25誰も知らない天体への涙 本編2巻(非18禁) (ANAGRAM)
今回は酷い。擁護できない。30分程度と短いのは勿論、見所が全くない。公式Ci-enで書かれている製作者の熱い想いを応援したくてハードルを相当下げたが、それを余裕で下回り地べたに付くか付かないかの低さにハードルが転がっている状況に驚愕。いくら台所事情が厳しくても、これはユーザーへの裏切りだと思う。 → 長文感想(730)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 1h / 面白くなってきた時間 : 1h
50誰も知らない天体への涙 R18番外編1巻 (ANAGRAM)
今作もあまりにも短く、色々と謎がありそうな雰囲気が良いだけ。公式サイトをみて色々事情があるようなので応援したい気持ちはあるが、1巻の2作に関しては連載形式で500円という価格を加味しても「続きが知りたい!!」という感情より「物足りない」という感情が先に立つ。(長文感想は本編1巻のネタバレもあり) → 長文感想(292)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 1h / 面白くなってきた時間 : 1h
--誰も知らない天体への涙 R18番外編1巻 (ANAGRAM)
シナリオがある程度完成している状況での分割販売と考えていたため、現状の執筆状況が2巻までというのはかなり驚いている。全体量が3M程度と告知されているため、その分だけ物語の間延びがないか憂慮している。相変わらず仄めかす文章は巧く、雰囲気も良いため買い続けはするが、正直心配。
総プレイ時間 : 1h
55誰も知らない天体への涙 本編1巻(非18禁) (ANAGRAM)
一言で言うと【有料体験版】。いくら同人で、値段が500円と安価でも印象は良くない。この本編1話は無料公開の方が、いい掴みになったのではと思う。面白い試みはあるし、CGも綺麗で、音楽も良い。あとシナリオ面で『ChronoBox』の弱点がそのまま繰り返されそうな悪い予感がするのもマイナス。(長文は『ChronoBox』の内容にも少し触れています。) → 長文感想(377)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 1h / 面白くなってきた時間 : 1h
60誰も知らない天体への涙 本編1巻(非18禁) (ANAGRAM)
さすがに短すぎてな~んもわかりません。
60誰も知らない天体への涙 本編1巻(非18禁) (ANAGRAM)
推理ものと呼ぶには乱暴な、砕いた事象の欠片をテキストへさりげなく混ぜ込み日常描写と一緒に流していくスタイル。1周10分で終わるので、それだけで遊ぶのを止めてしまう人には、高い買い物になってしまうかも。ランダム要素があり、繰り返し遊ぶのが必須となっているため、そういったギミックが好きな人にとってはたまらないと思う。 → 長文感想(631)(ネタバレ注意)
90誰も知らない天体への涙 本編1巻(非18禁) (ANAGRAM)
プレイ時間としては1時間弱程度。もしかしたら人によっては(恐らく多くの人にとっては)物足りなく感じるのかもしれません。 しかし、続きが気になるような面白さ、魅力を持った作品であるという事は断言できます。 分割販売方式であるが故に「一度に最後までプレイできない」といった欠点はあるものの、分割販売方式であるからこそのギミック・演出が仕掛けられており、欠点と利点のどちらに目を向けるかで、評価が変わるのだろうと思います。 僕は「作品としての純粋な面白さ」に着眼してこの点数を付けました。本作に少なからず興味を持っている方は、是非この本編1巻から本作を追って欲しいなという気も(笑) 連載ものってなんだか待ってる間もワクワクドキドキしましたよね。そんな感じで待つと良いんじゃないかなあ、なんて思います。
総プレイ時間 : 1h
60誰も知らない天体への涙 本編1巻(非18禁) (ANAGRAM)
作品自体は面白かったけれどもとても短いです。僕は分割販売が作品の良さを高めるならありだと思っていますがここまで短いと月1くらいで出してほしいと思ってしまいます。1本買い切りがノベルゲームの良さですがそれを殺してでも分割したい作品なのか期待しています。僕は500円だろうが5000円だろうがどうでもいいので。

レビューサイト一覧

  1. 75点 誰も知らない天体への涙 R18番外編1巻 : 今更だけどエロゲしようぜ! (__)
  1. 75点 誰も知らない天体への涙 本編1巻 : 今更だけどエロゲしようぜ! (__) 感想+思案
  1. 69点 誰も知らない天体への涙 本編2巻 : 今更だけどエロゲしようぜ! (__)

ログイン






検索

各種情報変更