ウグイスカグラ

amazon
中央値80
標準偏差13
データ数1425
総データ数1865
総ユーザー数1068
期間2014-12-19 ~ 2021-02-26

発売前ゲーム一覧

イメージゲーム名発売日お気に入りユーザーの動向
冥契のルペルカリア 2021-02-26

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
4 amazon 空に刻んだパラレログラム 2018-12-21 80 12 251 20
3 amazon 水葬銀貨のイストリア 2017-03-24 80 14 423 25
2 amazon 紙の上の魔法使い 2014-12-19 82 14 745 25
1 紙の上の魔法使い 追加シナリオ 「蛍色の光景」 2014-12-19 80 15 7 1

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
10019
90~99230
80~89614
70~79381
60~6993
50~5945
40~4922
30~396
20~293
10~197
0~96

最近のデータ入力状況

コメント

90水葬銀貨のイストリア (ウグイスカグラ)
過去回想がとても多かった
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 10h
70紙の上の魔法使い (ウグイスカグラ)
体験版はよかった。すごくよかったんだ…
71空に刻んだパラレログラム (ウグイスカグラ)
過去作のルクル氏のシナリオの魅力は世界の悪意に抗い続ける尊さにあった。本作の第一の挑戦は襲い来る悪意を対戦相手の意思に置き換え、対戦相手を屈させなければならない葛藤に置き換えたところである。第二の挑戦は、打ち勝つための決意を一人ではなく、チームとしてさせなければならなくなったところである。青春スポーツ者の体を取ることで広く受け入れられ売る作風に挑んだ作品でもあるが、描かなければいけない要素の複雑化を上手く処理できておらず、結果として打ち勝つ爽快感やも失われてしまった。 → 長文感想(569)
80紙の上の魔法使い (ウグイスカグラ)
ミステリと悲劇と昼ドラ。副次的要素だが、魔法の本によりゲームの中に第四の壁を作っているのが良かった。
70水葬銀貨のイストリア (ウグイスカグラ)
「ハッピーエンドを約束しよう」とのキャッチフレーズのように、綺麗な背景に語られるは、暗い呪縛に囚われ、とんでもない悪役と究極の選択肢が印象の本作。過去の出来事からの物語が、どうしてこうなったのかの理由付けを、ここまで余すことなく丁寧に描写して積み上げていったのは、純粋に凄い力量であるといえる。にもかかわらず、本作品を一歩引いた眼で見てしまったのは一体なぜなのだろうか。 → 長文感想(1743)(ネタバレ注意)
85紙の上の魔法使い (ウグイスカグラ)
色々と問題作 → 長文感想(465)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 13h / 面白くなってきた時間 : 3h
81空に刻んだパラレログラム (ウグイスカグラ)
架空競技を題材にした青春部活動系作品。確かに某作品と似ている部分が多々ありましたが個人的にはこちらの方が好みかな。 → 長文感想(488)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 27h
80紙の上の魔法使い (ウグイスカグラ)
『エディプスの恋人』の娘版。エロゲでいうと『リアライズ』に近いか。序盤で突然物語から姿を消す存在が、抗う登場人物たちを凌駕しキャスティングボードを終始握り続ける。多重解決の要素もあり最後まで楽しくプレイできた。
--紙の上の魔法使い (ウグイスカグラ)
シナリオが良いゲームとしてよく本作品の名前を聞いていたのでそれをきっかけにプレイ。結果的には3章途中からダレてしまって当サイトでネタバレを見ました。その後は適当にスキップしもって読了。ネタバレを見てプレイしたので点数は付けないです、さすがに。 → 長文感想(1101)(ネタバレ注意)
96紙の上の魔法使い (ウグイスカグラ)
構成が素晴らしい。何度驚かされたか分からない。
総プレイ時間 : 15h / 面白くなってきた時間 : 2h
71紙の上の魔法使い (ウグイスカグラ)
面白かったには面白かったが…… → 長文感想(194)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 26h / 面白くなってきた時間 : 2h
75紙の上の魔法使い (ウグイスカグラ)
幻想図書館で繰り広げられる、未来を歩むため作品。魔法の本で語られる物語を作中のキャラクターがどう演じるのかが気になるところでした。1歩間違えれば、本来の設定と魔法の本の設定でキャラ付けがブレてしまい、不安定さを醸し出すのではないかと思っていましたが……。果たして、弱さは罪なのか。 → 長文感想(1968)(ネタバレ注意)
79空に刻んだパラレログラム (ウグイスカグラ)
果てしなく落ちてゆくグラフィック·クオリティに陳腐な設定、trueの為に犠牲になる酷い個別ルートはあんまりだったが、底から立ち上がってきて成功を勝ち取るアンダードックの青春ストーリーはよかった。
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
80水葬銀貨のイストリア (ウグイスカグラ)
個別は悪くはなかったけど事件お座なりにするとか第3者によって解決するところが目障りだったけど共通ルートはめっちゃよかった。
総プレイ時間 : 25h / 面白くなってきた時間 : 1h
90水葬銀貨のイストリア (ウグイスカグラ)
気になった点もすべて回収してくれましたし、只々、面白かった。泣けない辛さがすごく伝わってきます。小夜は最初の当たりからずっと好きではなかった、最終小夜には資格がなかったから。夕桜に幸あれ。
88紙の上の魔法使い (ウグイスカグラ)
一つを除いて全部BADエンドの衝撃的展開が魅力的だった。それにダークで真剣な世界観に没入感のある展開は凄かった。
総プレイ時間 : 25h / 面白くなってきた時間 : 1h
92水葬銀貨のイストリア (ウグイスカグラ)
シナリオ重視の方にお勧めします! → 長文感想(1264)
総プレイ時間 : 24h / 面白くなってきた時間 : 2h

レビューサイト一覧

  1. 56点 紙の上の魔法使い : くたばりかけの梟は何を観る (__)
  1. --点 紙の上の魔法使い : 伝統攻撃 (__)

検索

各種情報変更