tone work’s

amazon
中央値80
標準偏差16
データ数1167
総データ数1644
総ユーザー数923
期間2012-06-29 ~ 2019-06-28

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
4 amazon 月の彼方で逢いましょう 2019-06-28 85 15 99 28
3 amazon 銀色、遥か 2016-08-26 80 15 292 37
2 amazon 星織ユメミライ 2014-07-25 80 15 549 40
1 amazon 初恋1/1 2012-06-29 72 16 234 24

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
10055
90~99197
80~89378
70~79342
60~69109
50~5942
40~4915
30~3911
20~2911
10~192
0~99

コメント

85月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
ヒロインや友人、周りの皆と過ごす時間は最高だった → 長文感想(751)(ネタバレ注意)
80月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
途中もにょるとこがあったからこそ雨音の考え方と選択はとても好みでした。
65月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
(GiveUp) 灯華√クリアでもうやる気なくなった。 → 長文感想(172)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 11h
90月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
メイン3シナリオで言えば期待以上の良作、うぐいす√は魁ワールド全開。
総プレイ時間 : 50h / 面白くなってきた時間 : 3h
87月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
全√クリアきらり先生のおっぱいにうずめたい
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 8h
95月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
tone work'sの良さがしっかり出ていた。ただこれまでの作品と比べてヒロイン同士の掛け合いが少なかったのが寂しい。 → 長文感想(382)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 3h
75月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
メイン3人以外に思わぬ伏兵がいたのは良かった。そう思わせないくらいメインが強ければ良かったんだが・・。 → 長文感想(1373)(ネタバレ注意)
92月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
これまでのこのブランドの作品の中では一番の良作
81月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
うぐいすルートを酷評したい、他の方の感想はまだ読んでいませんがうぐいすルートが低評価な事を心から祈る、賛同してくれえええええ → 長文感想(999)(ネタバレ注意)
79月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
プチコンセプト詐欺メインのクリア推奨準は雨音、うぐいす、灯華※ただし面白い順番ではない → 長文感想(560)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 35h
94月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
長いですね。Hシーンをスキップしても、コンプするのに35時間かかりましたよ。ストーリー、キャラの魅力、CGの美しさ、音楽と、作品全体の完成度はかなり高いです。ひょっとしたら、今年1番の傑作かもしれません。2019年の萌えゲーアワードの大賞を受賞しても、おかしくないレベルの作品だと思います。もし、萌えゲーアワードの大賞に選ばれたとしても、これなら文句ないです、私は。 → 長文感想(1022)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 38h / 面白くなってきた時間 : 5h
95月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
『あいつが欲しかったのは特別じゃなく、普通か』攻略順は「灯華→うぐいす→雨音」の流れを守るのが良いかと。長文はうぐいすに全てを支配された読書感想文。最初だけネタバレなし。 → 長文感想(6946)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 35h
90月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
めずらしく個別でハズレが少ない → 長文感想(203)(ネタバレ注意)
面白くなってきた時間 : 3h
90月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
灯華、雨音、きらり先生を残してのとりあえずの感想 → 長文感想(1354)(ネタバレ注意)
90月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
[ネタバレ?(Y1:N0)]
80月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
プレイ途中。「銀色、遥か」の主人公は夢も目標もなくヒロインに合わせるだけで本当に気持ち悪かったが、今回はまともになっている。空っぽの主人公には感情移入しようがなかった → 長文感想(327)(ネタバレ注意)
91月の彼方で逢いましょう (tone work’s)
マニア層が確固たるブランドで、新しい挑戦をするのはなかなかの冒険だろう。 多少の不満はあれど、結果的に彼らはそれを見事にやりこなした.

レビューサイト一覧

  1. 81点 星織ユメミライ : お気楽エロゲレビュー (__)
  1. 80点 初恋1/1 : なでしこやまと (__)
  1. 60点 初恋1/1 : ONE-SIDE theORY (__)
  1. --点 銀色、遥か : ここにいないのは (__)
  1. --点 銀色、遥か : 徒然と (__)
  1. --点 初恋1/1 : 夕凪のシンキングタイム (__)
  1. --点 初恋1/1 : 奈々色の二次元世界 (__)
  1. --点 星織ユメミライ : ここにいないのは (__)
  1. --点 星織ユメミライ : エロゲー倉庫 (__)
  1. --点 星織ユメミライ : 徒然と (__)

ログイン






検索

各種情報変更